1. TOP
  2. 車の役立つ知識
  3. アクアの維持費は月2万円!コストをおさえたいなら型落ちアクアも狙い目(Aqua maintenance costs)

アクアの維持費は月2万円!コストをおさえたいなら型落ちアクアも狙い目(Aqua maintenance costs)

アクア 維持費

「アクア」は、トヨタの開発したハイブリッド車です。2011年の初登場時には、当時の車としては燃費最高性能を売りにして、以来、国内市場ではつねに売り上げランキングの上位に食い込んできました。

 

ハイブリッドシステムの小型化や軽量化、高効率化など、トヨタの長年にわたる量産型ハイブリッドカーの技術を結集したコンパクトカーの優良車種です。ハイブリッド車ですからガソリン代は安いのだろうなと思うのですが、果たして年間の維持費はトータルでどれくらいなんでしょうか。

気になるトヨタアクアの年間維持費を調べてみました。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■手間なく愛車を高く売却したい人

手間をかけずに愛車を高く売るなら「ナビクル」車買取サービスがおすすめです。ナビクルを運営するのは東証一部上場企業株式会社エイチームなので、安心して利用することができます。

■愛車の買取価格相場を確認する

ナビクルは、愛車の査定を依頼することができるサービスです。愛車の相場を調べることができるので、買い替え時に参考にしていただけます。 ディーラーでの下取りが好条件であったとしても、買取業者のほうが買取の専門店なので高額査定になりやすいです。

『手間なく愛車を高く売りたい』と思っている方は、ナビクルのサービスが最適だと言えますね。

■査定はスマホで簡単です

車査定 おすすめ
ナビクルならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけないサービスではないので、気軽に利用してくださいね(完全無料)
詳細はこちら

アクアの自動車税・重量税・自賠責保険

アクアの年間維持費の合計は、年間で約5万6000円

燃費で選ぶなら2018年販売台数2位のアクア?

この合計は、年間に必ず払うことになる自動車税にくわえて、2年ごとの車検時に支払う重量税と自賠責保険の費用が含まれています。さらにガソリン代や任意保険料、タイヤやオイル交換のためのメンテナンス代、点検や2年ごとの車検整備代の半額分などを合計すると、アクアの年間維持費は年額で約25万円となる計算です。

アクアの年間維持費は25万円

アクアはコンパクトハイブリッドカーなのでガソリン車と比較すると燃料費が安く済むので、長距離を走る人にとっては年間維持費がかなり安くなるのが大きなメリット。

 

年間維持費が25万円ですから、月で考えれば2万円程度ということになります。少し極端な例かもしれませんが、スポーツカーであれば、燃費は半分程度になりますのでガソリン代だけでも1.5倍~2倍の維持費がかかると考えて良さそうですね。

そのほかエコカーということで自動車重量税も安くなります。車体本体の購入価格は決して安くありませんが、購入後の維持費と合わせて考えるといいでしょう。それでは、この合計金額の内訳をざっくりと見ていきましょう。

アクアの自動車税

アクアの自動車税は、年間で3万4500円です。

自動車税は排気量によって税額が変わり、1000cc以下・1000cc~1500cc・1500cc~2000cc・2000cc以上、というふうに排気量500ccごとに上がっていきます。

アクアは排気量が1500ccですから1年ごとに3万4500円が支払うべき税金です。この税金は毎年4月1日時点での車の所有者に支払い義務があり、車を持っている間はたとえ乗っていなくても、毎年かかって来る税金です。

アクアの自動車重量税

アクアの自動車重量税は年間で7500円

車重量税は新車購入時もしくは車検時のまとめ払い。2年ごとの車検の時に年額の2倍の金額を支払います。ただし、アクアの場合はエコカー減税のおかげで2回目の車検まで自動車重量税を払う必要がありません。

 

つまり、新車で購入してから5年間は自動車重量税がかからず、2回目の車検時からは2年分にあたる1万5000円を、まとめて払うことになるのです。たとえ5年間の期間限定であっても、自動車重量税の負担がなくなるのは嬉しいもの。エコカーにのるメリットの大きさを感じるポイントです。

アクアの自賠責保険

自賠責保険は、強制的に加入する保険です。アクアの自賠責保険は、年額で約1万4000円かかります。自賠責保険は法律で加入が義務付けられているものですから、必ず加入し、保険料の負担があります。

いっぽう任意保険については自由意志で加入する保険で、事故に関する損害賠償金をカバーします。

 

対人・対物の保険がつけられ、アクアの保険料の目安は、車両保険ありの場合で年額5~6万円くらい。任意保険はインターネットでも加入ができ、ネット割引や早期割引などを使うともう少し安くなるケースも見られます。余裕をもって調査をして、補償内容と料金の折り合いがつく保険を探しましょう。

アクアの車検代

さて、先ほどの合計に、車検整備代の目安をつけくわえてみましょう。アクアの車検費用は、だいたい6万~8万円ほどと考えておきましょう。差額は点検後の整備にかかる費用の差と考えておけば間違いありません。

 

ディーラー車検だと高額になり、民間の車検工場だと費用がおさえられるのですが、ディーラー車検なら代車の費用が含まれていたり、整備スタッフがその車に非常にくわしいので安心感があったりする、などのメリットがあります。どちらを取るかは、そのときの車の状態・お財布事情などによって考えましょう。

アクアのバッテリー寿命は?

アクアだけの話ではなく、ハイブリッド車全体に言えることですが『駆動用のバッテリー』が装備されています。基本的にはこのバッテリーがなくてはエンジンを動かすことができません。

 

ハイブリッド車の購入を検討されている方なら「アクアのバッテリーの寿命っていつまで…」というようなお話を聞いたことがあると思いますが、実際にはどれくらいの期間使えるモノなのでしょうか。

実際にトヨタの公式サイトでは以下のように回答があります。

「ハイブリッド車の駆動用バッテリーの寿命を教えて(ユーザー質問)」 駆動用バッテリー(リチウムイオンバッテリー・ニッケル水素バッテリー)には寿命があります。 寿命は車の使い方・走行条件により異なります。 保証は新車を登録した日から5年間です。ただしその期間内でも走行距離が100,000kmまでです。(トヨタの回答)

 

ただし、注意していただきたいのがトヨタが言っているのは『保証』についてです。寿命ではないのでお間違いのないように。

 

実際にどれくらいの寿命になるのか調べてみると、150,000km以上の耐久性はありそうです。

 

以前、プリウスタクシーの運転手さんとお話したことがありますが、200,000km程度は同じバッテリー(駆動用バッテリー)で走れるそうです。

なので、一般的な人の使い方であれば、1年10000kmも走れば良いのではと思いますので、20年間は駆動用バッテリーを心配する必要はありませんよね。どんなに少なく見積もっても150,000kmは問題ないのかなと思いますので、15年間程度がアクアやプリウスのようなハイブリッド車のバッテリーの「寿命」と言えそうです。

 

 

2018年販売台数の2位がアクア、次いで3位がプリウスです。やはりここまで売れている車ですからトータルでみて魅力のある車ということですよね。維持費など参考にしてみて下さい。

 

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

アクア 維持費

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

みー(楽車どっとこむ 編集長)

みー(楽車どっとこむ 編集長)

とにかく車が好きでスポーツカー2台+軽ジムニーにして3台持ちで車を楽しむつもりでいる車バカ(実現)。三度の飯の次に車が好きwご飯のうち1回はマックw 今はより多くの車の知識を増やすべくさらに勉強中。愛車RX-8を売却…現在メインはCRZ。セカンドカーにJB23(2019年12月)JA12(2020年1月)を追加!インスタはこちら⇒instagram.com/miisan

この人が書いた記事  記事一覧

  • 100万円以下で購入できるかっこいい中古輸入車おすすめ9選!初めての外車の維持費をざっくり紹介

  • 多走行のマニュアル車「パワーでない?」と思ったらチェックしてみて

  • 庶民でも購入できる中古スポーツカーおすすめ7選!維持費もざっくり紹介

  • スズキハスラーにおすすめのシートカバー7選!適合不適合車紹介します

関連記事

  • アルファードの年間維持費は!見栄だけで維持できるほど安くはない【現行】

  • RX8タイプSの気になる燃費を調べてみたけどコレって悪いの?(RX8 fuel economy)

  • 全長4300mm以下の国産車5選!積載量が大きいアウトドア向けのクルマはコレ

  • ローン残ったまま車売却できる?無理なローンは組まない残債上乗せは危険

  • 【着座位置が高い車】目線の高い軽自動車おすすめモデル6車種ならコレ

  • 【50万円以下ミニバンをおすすめしない理由】格安車が極上車となる購入条件とは?