1. TOP
  2. 試乗
  3. 【スイスポ 試乗レビュー】zc33s型は歴代最強スポーツカーでコスパ高

【スイスポ 試乗レビュー】zc33s型は歴代最強スポーツカーでコスパ高

 2018/11/18 試乗
  3,925 Views
スイスポ 試乗レビュー

スイスポZC32S型から6年が経ち、初の3ナンバー、ターボ搭載と大きな進化を成し遂げてZC33S型4代目が登場しました。宣伝のテレビCMも峠を走る某漫画風に仕上げており、話題を呼びました。今回は6MTとATどちらも試乗したので紹介したいと思います。

Sponsored Links

歴代を彷彿とさせるデザイン、人気カラーは黄色!

zc33sの試乗

3ナンバーとなったことでボディの大きさが気になっており前の型からプラス40㎜幅が広くなっているそうですが、実際に見てみると大きさが気になる事はなく、私達がよく知っているスイフトスポーツのままな感じがしました。

zc33sの試乗

フロントマスクはターボになったことで熱対策のためか開口部が大きくなり、リアバンパーのマフラー周りもカーボン調になっており、より一層スポーティな仕上がりとなっていました。ただ前の型よりも全体的にボテッとした感じのボディに見え個人的にはあまり好きな感じではありません。

カラーの人気についてディーラー営業マンさんに聞いたところ、やはりチャンピオンイエローがダントツのようです。映えるイエローはSNS映えするそうで、現代の流行りも重なり、人気が集中しているみたいですね。

ピュアホワイトパールやプレミアムグレーも人気ですが、プラス2万円かかるそうです。キレイな色ですから別途料金がかかる理由もわかりますね笑

質素な内装、メーター周りは豪華?

zc33sの内装

まず、運転席に座り内装を見渡すと味気の無い室内に少しガッカリしました。ところどころステッチが入っていたり、カーボン調になっていたりしていますが、もう少しお金をかけたと感じる味気のある内装でもよかったのかなと思いました。

メーターの真ん中にあるディスプレイにはブーストインジケーターなどがデジタル表示されていて非常に見やすく豪華ではありますが、そのブーストインジケーターは少しタイムラグがあり、遅れて反応する感じがありました。

zc33sの内装

歴代同様5人乗車ができますし、シートの見た目もそこそこの出来栄えにはなっていると思います。小さなお子さんがいながらもスポーツカーに乗りたいお父さんも奥様を納得させるだけのクオリティは十分にあると思います。ハッチバックですが十分すぎるほど広く、非常に使い勝手が良さそうでした。

zc33sのシート

運転席助手席のシートは、RECAROシートではなくスズキ自社オリジナルのスポーティーレカロ風シートになっていました。見た目はおぉっと声が出てしまいそうなカッコいい仕上がりではありますが、実際に乗ってみると少々スポーツ感からは外れる印象です。

なので、しっかりとスポーツ走行を楽しみたいと思っている方は社外レカロシートに変更が良いかもしれないですね。

低回転からの過給、ストレスない加速

道路に出て、アクセルを踏んだ途端に過給が始まり、慌ててアクセルを抜いてしまうほど、低回転から効く仕様になっており、正直驚きました。

140PS、トルク23.4キロを発生するエンジンは車重970㎏の軽量ボディと相まって強烈な加速を生み出し、あれ?スイスポだよね?と思わせるほどの仕上がりです。

お決まりのモンロー製のショックも固過ぎず軟らか過ぎず、ちょうどいい加減に仕上げられ気持ちよく走ることができました。MTではシフトのストロークの長さと、グニャッとしたシフトが気になりました。ATでは、シフトアップした際のショックの大きさが気になりました。

が、このあたりはどちらを選んでも少し慣れが必要なのかなと思いますし、慣れてしまえば軽量ボディならではの加速を十分に楽しむことができるのかなと思います。

ZC33S型スイフトスポーツの試乗 評価まとめ

外装3.5 ☆☆★★★(ZC32S型 3.5)
内装3.0 ☆☆★★★(ZC32S型 2.5)
走り4.5 ☆★★★★(ZC32S型 3.0)

今回のスイフトスポーツ、とにかく速かったです!笑軽量なボディのせいかなかなか加速感が強く感じました。ボディをワイドにしたことで、軽さの不安もなく安心して運転する事ができました。

ターボ車ではありますが、口コミでは燃費も街乗りでリッター15〜18キロ、高速ではリッター20キロ走るのもざらではないそうです。恐るべしスイフトスポーツですね笑

歴代で最もスポーツ感がある上に、この燃費だとスポーツカー好きの学生さん、初心者の方やお父様等には嬉しい限りです。今はまだ発売したばかりで値段もそれなりにしますが、値段相応の性能をしっかりと味わえますし、将来を考えても長く乗れ楽しめるコスパ高い一台です。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

スイスポ 試乗レビュー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

maa

maa

FD以外の車では満足のできない。もう一度FDに乗りた過ぎる生粋のFD中毒男。実は車同様にバイクも好きです。休日にはバイクぶっ飛ばして日ごろのストレスを解消。野菜ジュースがあればあとは何も要らないほど野菜ジュース党な車バカ。愛車アルトワークス。

この人が書いた記事  記事一覧

  • カーボンショートアンテナ付けてみた!お手軽ワンポイントカスタムならコレ

  • お手軽カスタム!ナンバーを簡単にオシャレにするセイワアクセサリーボルト取付けた

  • ネオプロトフットレストは36ワークスには欠かせない逸品!足元の頼れる相棒

  • 【モンスタースポーツ ピラーメーターカバー】追加メーター付けるならコレも一緒に!

関連記事

  • 【スペーシア 試乗2019】3人4人家族使い抜群!広い室内で遠出も楽々な軽なら

  • 【トヨタヴィッツ試乗】滑らかに加速するスポーティで高級セダンのような走り

  • 【スバル WRX STI 試乗】カスタム不要!走り文句無しでとにかく楽しい車

  • 【SUBARU BRZ STI試乗】スポーティ×大人っぽさがBRZらしい

  • 【33スカイライン同乗】500馬力オーバーのモンスターマシン! ECR33がヤバかった笑

  • 新型ワゴンRfx(HYBRID)試乗!軽初搭載のヘッドアップディスプレイが優秀すぎる