1. TOP
  2. 試乗
  3. 【アルテッツァ 試乗】スポーツ走行やFRの良さを体感したい方向けの楽しい車

【アルテッツァ 試乗】スポーツ走行やFRの良さを体感したい方向けの楽しい車

【アルテッツァ 試乗】スポーツ走行やFRの良さを体感したい方向けの楽しい車

トヨタ アルテッツァは今では珍しいミドルプレミアムセダン、後輪駆動で6MTが用意されていてスポーティーにも街乗りにも無難に楽しめる車です。

今回はアルテッツァのセダンとワゴン(ジータ)を試乗したので紹介していきます。

Sponsored Links

スポーティーにもラグジュアリーにも使えるアルテッツァ

スポーティーにもラグジュアリーにも使えるアルテッツァ

アルテッツァは、フロントから見るとつり目なヘッドライトに高級感漂うグリル、そして絶妙に張り出しているフロントフェンダーはなんともいえない良さがある。

サイドから見てみるとフロントノーズに対してリア周りのストンと落ちた見た目もホイールベースの短さと相まってバランスよくアルテッツァならではの外観に仕上がっている。リアから見ると丸目4灯のテールランプが何とも言えないスポーツ感を出してますが、セダンの方が明らかにかっこよく、あとから追加された直列6気筒搭載のジータはなんだかボヤっとした印象を持つのは僕だけでしょうか。

ただ純正ではスポーツに仕上げたのかラグジュアリーに仕上げたのか曖昧さがあるが、オーナー次第ではどちらにでも仕上がる見込みがある点もアルテッツァの良さだと思う。エアロ一つで雰囲気が極端に変わる逆に仕上げやすい車輌だと思うので、スポーツカー初心者の方にもおすすめ。

5人乗車は厳しいがスポーツカーだと思えば室内は広く使いやすい

アルテッツァといえばのクロノグラフメーターですね。これに関しては好き嫌いがわかれますね笑

5人乗車は厳しいがスポーツカーだと思えば室内は広く使いやすい

前期は真ん中に大きくスピードメーターですが、後期はタコメーターに変わっているので視認性の高い後期メーターに変える人が多いですね。

ちなみに後期にはデジタルでスピードも表示されます。インパネ周りは良くも無く悪くもなくといったとこでしょうか笑 クオリタートに関してはなかなか奇抜なかんじの内装ですよね。それに実際レクサスISの内装よりもコストを下げフェイクレザー(合皮)が使用されていたようですのでイマイチと感じたのは間違いではありませんでしたね。

室内空間はクラウン等に比べれば狭いですが大人が乗ってもそれなりに余裕がある広さなので不満を感じる方は少ないでしょう。

ただ大人5人はなかなかきついかもしれません。。トランクはなかなか広くゴルフバック一つ入れてもまだまだハイリマスね。おまけ程度のトランクスルーはあまり実用性はないですが、トランクスルーの部分はウーハーなどを入れるカスタムが主流のようです。

スポーツカーらしいFRの素直な動きを味わえるモデル

アルテッツァには基本的に2種類のエンジンがあり、AS200の1G-FE6気筒エンジンとRS200の3S-GE4気筒エンジンがあります。

3S-GEは210PSトルク22㎏とNAエンジンでは高出力なスポーツエンジンと言えるでしょう。1G-FEは160PSトルク20.4㎏とやや控えめな数値ではあるが6気筒ならではの心地よい音を出し楽しめます。

どちらのエンジンにせよ車重が重く走ってみると加速感はイマイチですが、FRの素直な動きを味わえます。またジータには2JZ-GEを搭載したレアなモデルもあります。

2JZエンジンはなかなか見れない希少なエンジンで、世界最強とも言われているエンジンです。ちなみにご存じの方も多いと思いますが同エンジンを同じトヨタのアリストやスープラと言った高級車・スポーツカーの名車にも搭載されていました。

アルテッツァにはアフターパーツが豊富にあり、チューニング次第では充分速くなり、FRの動きを勉強するにも調度いいかもしれませんね。また、前期後期でファイナルが4.1→4.3になっており、後期のほうがスポーツ寄りに仕上がっています。

アルテッツァ試乗 評価まとめ

外装4☆★★★★
内装3☆☆★★★
走り3☆☆★★★

アルテッツァはグレードによって味付けがかなり異なっておりしっかりと方向性を決めてから買う事をおすすめします。AS200は馬力が低いですが、6気筒ならではの良さを味わえますし、充分FRを楽しめるグレードだと思います。

RS200はこれからスポーツ走行をしたい方や、町のりでスポーツ気分を味わいたい方、昔FRに乗っていたから、、、様々な考えに当てはまりやすいグレードかなと思います。

アルテッツァは今価格も安定しており、比較的安価で買えますが、年々台数も減り、これからは希少な後輪駆動ミドルセダンになっていく事でしょう。購入するならば早めがいいかもしれません。

アルテッツァ スペック

【アルテッツァ RS200(Lエディション)】
駆動方式 FR
乗車定員 5名
最小回転半径 5.1m
全長×全幅×全高 4400mm×1720mm×1410mm
ホイールベース 2670mm
車両重量 1380kg
エンジン型式 3S-GE(直列4気筒DOHC)
総排気量 1998cc
最高出力 200ps
燃費(10.15モード) 11.0 km/L
実燃費 9.80 km/L
使用燃料 ハイオク
タイヤサイズ (前後)215/45ZR17

 

アルテッツァジータ試乗

アルテッツァジータ試乗

外装4☆★★★★
内装3☆☆★★★
走り4☆★★★★

BMW(3シリーズ)やベンツ(Cクラス)の対抗モデルとして開発・販売されたアルテッツァの後、2001年7月。さらなるユーザー拡大を狙ってアルテッツァジータを発売開始。「ジータ(GITA)」は日本のみのネームで、海外レクサスでは「スポーツクロス」の名で発売されていました。

ジータはスポーツ走行を優先するため、ステーションワゴンというよりもハッチバックとして仕上げられ、『AS300』グレードでは3L直列6気筒(2JZ-GE型)を搭載したことは特徴的です。

アルテッツァジータ試乗

最高出力220馬力最大トルク30kgを発揮。5速ATオートマチックの組み合わせは絶妙で、『これが理想のアルテッツァ』だと言われたほどの仕上がりでした。

実際にAS300ジータを試乗してみると、ハンドリングは、FRらしく思うように切ることができます。スポーツセダンとして発売されたアルテッツァでしたが、ステアリングと前輪は結合されているかのように動き、スポーツカーさながらで。スポーツカーそのものと言っても言い過ぎにはなりません。

内装メーターは、三眼メーターを装備。スポーティー感あるデザインでカッコいいです。中央にあるエアコンはダイヤル式のため、運転中も扱いやすい設計です。

アルテッツァジータの燃費(4WD除く)は、7~9km/L。決して悪くはない印象です。

中古車市場は、圧倒的に在庫が少なくなってきていて(2019年2月)現在修復歴のない車両でカーセンサーに21台の登録です。これから台数が多くなることはなかなか難しい状況だと思いますので、「AS200(2000cc)」モデルは高騰していくでしょう。

当時は人気がなかったモデルではありましたが、今乗ってみるとコレがなかなか良い具合に仕上がっていて楽しい車だと感じました。興味がありましたらぜひ候補のひとつとしてチェックしてみて下さいね。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

【アルテッツァ 試乗】スポーツ走行やFRの良さを体感したい方向けの楽しい車

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

miyoshikun(楽車どっとこむ 編集長)

miyoshikun(楽車どっとこむ 編集長)

とにかく車が好き。常に中古車相場をチェックしてお買い得な中古車を探している。スポーツカー2台+軽ジムニーにして3台持ちで車を楽しむつもりでいるただの車バカ。三度の飯の次に車が好きwご飯のうち1回はマックw 今はより多くの車の知識を増やすべくさらに勉強中。愛車RX-8をメインカーに。セカンドカーにミラジーノだったところにjb23を追加(21019年12月)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 中古車を圧倒的に安く買うために覚えておきたい5つのコツとは!?

  • 車のカスタム初心者編!いじるならアルミホイールからはじめてみては?

  • JB23ジムニーとジムニーシエラ|走行性能やエンジン性能が優れているのはどっち?

  • ジムニーとハスラーどっちがおすすめ!?どちらを買えばいいか比べてみた【比較】

関連記事

  • 【スイフトスポーツ 試乗】免許取立て大学生から子育てパパ専用スポーツカー!

  • 【スイフトスポーツ 試乗】zc32s型CVTスイスポはスポーツ走行を楽しめる車

  • 【ランエボ9mr 試乗】CT9Aは高評価!全てにおいてスポーツカーだった

  • 【マークX GR SPORT 試乗】とにかくカッコいい高級スポーティーセダン

  • 【スペーシア 試乗2019】3人4人家族使い抜群!広い室内で遠出も楽々な軽なら

  • 【ミラアヴィ 試乗】速くはないがL260Sに乗ってみたら想定外に楽しいヤバ!