1. TOP
  2. 試乗
  3. スズキジムニーシエラJB74試乗!正直申し分の無い仕上がりでした【感想】

スズキジムニーシエラJB74試乗!正直申し分の無い仕上がりでした【感想】

 2019/05/04 試乗
  792 Views
スズキジムニーシエラJB74試乗!

今軽自動車で1番熱い人気があると言っても過言ではない1台であるスズキジムニー。

その1500cc版である普通車ジムニーシエラに試乗してきましたのでご紹介したいと思います。

Sponsored Links

前型を彷彿とさせるクラシカルな角ボディがとにかくカッコいい

クラシカルな角ボディがとにかくカッコいい

 

 

660ccであるJB64型ジムニーに試乗したことがありますが、見た目はほぼ同じでクラシカルな前型のJB31・JB32型のような角ボディが特徴的なデザインとなっております。

軽ジムニーとの決定的な違いとしてオーバーフェンダーが装着されています。

歴代の型の中でも最も大きく特徴的なデザインのオーバーフェンダーとなっていて、迫力感非常にありますよね。

また、ヘッドライトなどには高グレードであるJCグレードにはLEDが使用されていて古臭く感じません。まさにネオクラシック、現代に蘇った旧車のような仕上がりになっていますよね。

見た目・機能性・積載性ともにハイレベルの内装の仕上がり

室内に入ってみて思ったことは運転席周りがとにかくかっこいいなと思いました!

ハイレベルの内装の仕上がり

まず1番に目に入るメーター類ですが、オレンジ色の文字盤にアナログメーターとどこか懐かしい感じのメーターに仕上がっていて◎。ボディのクラシック感と相まっていますよね。

また、パワーウィンドースイッチやESPOFFスイッチなどがセンタースイッチとして搭載されているのですが、戦闘機のスイッチを思わせるデザインとなっており、非常に男心がくすぐられました。

 

室内空間ですが、2枚ドアからは想像できない広さで、前型・JB43などに乗られてた方はこの広さ・室内幅、室内長の違いに驚くこと間違いなしです。乗った瞬間に「広い」と感じるほどの違いがあります。

クラシカルな角ボディがとにかくカッコいい

もちろん、広々としているわけではありませんが乗車定員4人が充分に乗れて狭い印象は無いと思います。

 

積載性にもこだわりがあり、ラゲッジスペースはリアシートを倒すと広々とした空間になります。

積載性も高い

横幅は1300㎜ありますのでゴルフバッグは横にしても楽々入り、高さは850㎜ありますのでちょっとした大きめの家具も余裕で入りますね。

 

リアシートをリクライニングして物を積載する際にはシートベルトが邪魔になるのですが、脱着式のシートベルトを装着しているため気にせず積載することができるんです。

脱着式のシートベルトを装着している

また、長いものを入れたい場合には助手席までリクライニングすることで積載できます。なのでちょっとした休憩には運転席まで倒し長いベンチに早変わりさせることも可能ですので遠出の際にも役立ちますよね。

運転していてとにかくワクワクする乗り心地

実際に試乗してまず思ったことが、目線が高く普通の車と違う目線で外見も連想しながら走っているとどこまでもどんな所までも走れるような、ワクワクしながら運転していました。

ちなみに。ジムニーやランクルを専門に扱っているショップの方に聞いてみると、新型シエラや新型軽ジムニーjb64の車高ははじめから高く設定されていて、2インチほどリフトアップのカスタムをしたような視点になっているそうです。

エンジンは1500ccの新開発K15B型エンジンを搭載しており660ccのジムニーとは違う余裕のある走りを感じました。これなら高速走行でも安心して走れますね。

また、今回試乗した車輌は4ATでしたがMTもラインナップされているのでMT好きの方でも楽しめますよね。

 

そして、ジムニーシエラJB74・軽ジムニーもそうですが室内の静かさにも驚きました。

イメージではもう少し機械音の強い感じかなと思っていましたが、とても静かで居心地が良かったです。

その理由として、吸音材・遮音材が徹底的に使用されておりその結果として上質な静粛性が可能となったそうです。

燃費は街乗りで10〜12㎞、高速走行では12〜14㎞ほど。この手の車を所有したい方にとっては特に問題ないレベルですよね。

ジムニーシエラJB74試乗評価 まとめ

外観5 ★★★★★
内装5 ★★★★★
走り5 ★★★★★

今回試乗したジムニーシエラは正直申し分の無い仕上がりでした!

 

クラシカルかっこいい

クラシカルかっこいいエクステリア、男心くすぐる内装デザインに積載性の良さ、とにかくワクワクする運転。

悪いとこが見当たらない1台だったなと思いました。

また、安全性能・走破性能に関しても非常にレベルが高く安心して運転することができます。

そんなジムニーシエラは納車待ちがかなり続いている程の人気となっており、未だに発売当初と変わらず納車1年待ちが続いています。なので中古市場でもまだあまり台数がありません。

新車では標準グレードのJLで180万円ほど〜、高グレードのJCで193万円ほど〜となっています。

ワクワクと楽しみながら積載性も良く、走破性の高いジムニーシエラは大人気なことが非常に良く分かる1台でした。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

スズキジムニーシエラJB74試乗!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

maa

maa

FD以外の車では満足のできない。もう一度FDに乗りた過ぎる生粋のFD中毒男。実は車同様にバイクも好きです。休日にはバイクぶっ飛ばして日ごろのストレスを解消。野菜ジュースがあればあとは何も要らないほど野菜ジュース党な車バカ。愛車アルトワークス。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 人とかぶりたくないならコレ!個性溢れる面白い国産車5選

  • あえてインチダウンでキメる!?36ワークス14インチおすすめホイール4選

  • 36ワークスの足元を大きく見せる16インチで履かせるならコレ!オススメホイール5選

  • 36ワークス純正サイズの15インチで履かせるならコレ!スオススメホイール5選

関連記事

  • 【AE86 カローラレビン/スプリンタートレノ 試乗】魅力的な下町のスーパーカー

  • 【トヨタ 86前期 試乗】mtは名車間違いなし!自分仕様に仕上げるがおすすめ

  • 【アルテッツァ 試乗】スポーツ走行やFRの良さを体感したい方向けの楽しい車

  • 【ハスラータフワイルド 試乗】超人気遊べる軽ハスラーの気になるデメリットは?

  • 【ホンダNBOXとカスタム試乗】売れすぎ小さなミニバン!何が違うのか比較

  • 36ワークス純正サイズの15インチで履かせるならコレ!スオススメホイール5選