1. TOP
  2. 試乗
  3. 【スイフトスポーツ 試乗】zc32s型CVTスイスポはスポーツ走行を楽しめる車

【スイフトスポーツ 試乗】zc32s型CVTスイスポはスポーツ走行を楽しめる車

 2018/08/09 試乗
  1,829 Views
zc32s型CVTスイスポはスポーツ走行を楽しめる車

2010年から2016年に販売されていた3代目にあたる、ZC32S型スイフトスポーツ。見た目もフルモデルチェンジしていましたが、それよりもさらに中身も強く変化を与えたことで話題になり、一躍有名になったモデルなので乗るのがとても楽しみな車のひとつでもありました。

ZC32S型スイフトスポーツ(7速CVT)、どのように変わったのか?試乗してみたのでご紹介したいと思います。

Sponsored Links

スイスポはよりスポーティにチャンピオンイエローが王道人気

zc32s型CVTスイスポはスポーツ走行を楽しめる車

一つ前のZC31Sと比べると基本的なフォルム自体にはあまり変化を感じませんが、より鋭くなったヘッドライトやフロント、リアバンパーはより一層スポーティさを増しており、まさにホットハッチバックといえる見た目に仕上がっております。

zc32s型CVTスイスポはスポーツ走行を楽しめる車

見るからにスポーティーなデザインが良いですよね。見ているだけで楽しくなってきます!これって車の醍醐味だったりしますよね。大事なことです。さすがSUZUKI。

zc32s型CVTスイスポはスポーツ走行を楽しめる車

ボディカラーも6色あり、おおまかに赤、青、白、黄色、ガンメタ、黒となかなか迷うラインナップになっております。

スイフトスポーツブーストブルーパールメタリック

王道で行きたいならチャンピオンイエロー・プレミアムシルバー・ホワイトパールが人気色のようですが、私個人としては、このときの新色で出ていたブーストブルーパールメタリックがキレイな色味でお気に入りです。あまり見かけませんしね笑

スイスポはスポーティな仕上がりだがチープな内装

 

スイスポはスポーティな仕上がりだがチープな内装

実際に室内に入ってみるとステアリングやシフト周りにはステッチが入れられていて、スポーティな仕上がりですが、パネル関係はプラスチック感が強く正直チープなイメージでした。

スイスポはスポーティな仕上がりだがチープな内装

 

 

メーターは240キロまで表示されていて、非常にやる気にさせますがメーターのデザインが子供っぽい感じで逆に萎える感じでした。

今回の車輌にはチャイルドシートが2つもついていましたが、狭すぎる感じもなく比較的ハッチバックにしては広い印象でした。シートは一般的なシートに比べればホールド性はあるかもしれませんが肉厚な分スポーツ走行では不向きなかんじでしたし、シート高がけっこう高く、ポジションが悪く感じました。

決して速くはないが、スポーツ感ある走りで楽しい車

走り出してみると、5ナンバーとは思えない剛性感をまず感じました。車重1050キロと決して重くないので安定感があるということではありませんが、走ってて怖さを感じません。

また車のサイズもちょうどいい運転しやすいサイズ感で、日本の道路環境にバッチリだなと思います。

ZC31Sよりも約10馬力アップしたエンジンはこれと言った特徴はなく。味気ないというか、正直な話、面白みを感じることはありませんでした。

ですが車重が軽いので街乗りでの加速などはストレスなく走ってくれますし、今回の車輌はCVTでしたが、7速パドルシフトでしたので、楽しみながら運転できました。MTは6速に変更されており、シフトの入りの良さや高速走行での快適性、燃費の向上と口コミでの評判も非常に好評のようです。機会があればMTも試乗して、感想など追記したいと思います。

ZC32S型スイフトスポーツの試乗 評価まとめ

外装3.5 ☆☆★★★
内装2.5 ☆☆☆★★
走り3.0 ☆☆★★★

まず、ZC31Sに比べるとCVTや6MTの追加、エンジンの出力向上等進化はしていますが、あまり実感を得るのは難しいのかなと思いました。スズキらしくないスポーツ感といいましょうか、まだKeiワークスとかのほうがスポーツな感じがしました。

それでもアフターパーツはほんとうにたくさん出てますので、化ける可能性は充分にあると思います。純正のままでも車重が軽いのでキビキビと動くのでスポーツ走行を十分に楽しむことができるでしょう。

燃費も街乗りで11〜15と普通車にしては良く、おさいふ事情の厳しいお父さんや免許取りたての若い車好きな方には選びやすい一台になるのかなと思います。

新型スイフトスポーツが出た今値段も中古車相場で80〜130万円と下がってきていますので、狙うなら今かもしれませんよ。絶対的な速さはありませんが、そのままで楽しめ、いじる面白さのある車だと思いました。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

zc32s型CVTスイスポはスポーツ走行を楽しめる車

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

maa

maa

FD以外の車では満足のできない。もう一度FDに乗りた過ぎる生粋のFD中毒男。実は車同様にバイクも好きです。休日にはバイクぶっ飛ばして日ごろのストレスを解消。野菜ジュースがあればあとは何も要らないほど野菜ジュース党な車バカ。愛車アルトワークス。

この人が書いた記事  記事一覧

  • カーボンショートアンテナ付けてみた!お手軽ワンポイントカスタムならコレ

  • お手軽カスタム!ナンバーを簡単にオシャレにするセイワアクセサリーボルト取付けた

  • ネオプロトフットレストは36ワークスには欠かせない逸品!足元の頼れる相棒

  • 【モンスタースポーツ ピラーメーターカバー】追加メーター付けるならコレも一緒に!

関連記事

  • 【新型ロードスター試乗】カッコいいの一言!文句を言わせないND5RCレビュー

  • 【アルトワークス 試乗】乗り心地を犠牲にした軽と思えない速すぎ仕様に◎

  • 【スペーシア 試乗2019】3人4人家族使い抜群!広い室内で遠出も楽々な軽なら

  • 【スイスポ 試乗レビュー】zc33s型は歴代最強スポーツカーでコスパ高

  • 現行で買える速い軽スポーツカーを比較!コペン・S660・ワークスどれがいい?

  • 【アルテッツァ 試乗】スポーツ走行やFRの良さを体感したい方向けの楽しい車