1. TOP
  2. 中古車
  3. 国産ステーションワゴンは時代遅れで不人気?中古車もお得な車種5選厳選

国産ステーションワゴンは時代遅れで不人気?中古車もお得な車種5選厳選

 2018/11/24 中古車 車の役立つ知識
  1,618 Views
国産ステーションワゴンは時代遅れで不人気

昨今ではミニバンやSUVの人気が高く、セダンやステーションワゴンは人気が低迷し時代遅れとも言われていますが、まだまだ一部のユーザーからは人気の高いボディタイプとなっているのが、セダンやステーションワゴンです。

特にステーションワゴンは、セダンとバンのいいとこどりをしたボディなので、アウトドアシーンでも活躍できる車となっています。今回はそんな使い勝手の良いステーションワゴンでも、不運なことに不人気となってしまった国産モデルをご紹介していきます。

Sponsored Links

三菱 ランサーワゴン

三菱 ランサーワゴン

三菱のステーションワゴンの一つがランサーワゴンです。前期モデルでは、ランサーセディアワゴンとして、後期モデルではランサーワゴンとして販売されていました。ランサーワゴンは、三菱の主要エンジンとして位置付けしていたGDIエンジンを搭載したモデルの1つでもありましたが、5ナンバーサイズながらハイオク指定となっていたこともあり、人気は伸び悩みました。

また、使い勝手の良いステーションワゴンでしたが、燃費も低燃費と言えるほど出なかった為、さらに不人気に拍車をかけてしまった不運なモデルです。

トヨタ カルディナ

トヨタ カルディナ

トヨタのステーションワゴンの一つがカルディナです。カルディナは3代続いたモデルで、初代及び2代目は国内だけではなく、海外でも販売されていた実績がある車種です。しかし、3代目モデルから5ナンバーサイズの枠を超え、3ナンバーサイズとなってしまいました。

これにより大型化してしまい、使い勝手が悪くなり、さらには5ナンバーサイズでは同社で使い勝手の良いカローラフィールダーが販売されたこともあって、不人気車となってしまった不運なモデルです。

ホンダ アコードワゴン

ホンダ アコードワゴン

ホンダのステーションワゴンの1つがアコードワゴンです。アコードワゴンはミドルクラスに位置するモデルでしたが、最終型モデルではアッパーミドルクラスを担うモデルとなりました。そのため、6代目までは5ナンバーでしたが、7代目、8代目にモデルチェンジするたびにボディサイズは大きくなり、最終モデルでは全幅が1840mmを超えるほどとなりました。

ボディサイズが北米向けサイズとなってしまい、日本国内では運転がしづらいサイズとなり、不人気車となってしまった不運なモデルです。

日産 ステージア

日産 ステージア

日産のステーションワゴンの一つがステージアです。ステージアは、スカイラインやローレルのプラットフォームをベースにし、作られた車種です。当時ではラージクラスのステーションワゴンとして販売されており、ラージクラスならではの大柄なボディサイズとなっています。スカイラインやローレルの兄弟車だけあり、走行性能の高さは当時のステーションワゴンでもトップクラスで、特に初代モデルは人気がありました。

しかし、2代目へモデルチェンジした後、ボディサイズがさらに大型化し、燃料高も合わさって徐々に人気を落としてしまったモデルです。当時、燃料高騰の背景もあり、ハイオク指定、燃費の悪さが拍車をかけてしまったモデルです。

日産 プリメーラワゴン

日産 プリメーラワゴン

日産のステーションワゴンの一つが、プリメーラワゴンです。プリメーラワゴンは3代目まで販売されており、初代や2代目は人気がありましたが、3代目でボディサイズが3ナンバーサイズとなってしまい、肥大化してしまいました。プリメーラの派生車種として展開されたのが、この車です。セダンであるプリメーラは、欧州でのスタイリング評価は高く、グッドデザイン賞を受賞するなどデザインに注目されました。

しかし、当時専門家ではデザインは高評価でしたが、一般的には先進しすぎたデザインが、かえって仇となってしまった不運なモデルです。

国産ステーションワゴン不人気車種まとめ

国産ステーションワゴン不人気車種まとめ

今回は不運にも不人気となってしまった国産ステーションワゴンをご紹介してきました。

どの車も、様々な理由によって不人気となってしまいましたが、不人気だからといって状態が悪い車というワケではありません。

ステーションワゴンとしての使い勝手が良いのはもちろんのこと、ハイパフォーマンスなスペックを持っている車種もあります。また、不人気だからということで、中古車価格も落ち着いており、今では購入しやすい価格帯になっているのです。不人気車種にもスポットを当ててみると、思わぬお気に入りの個体に出会えるかもしれません。是非チェックしてみて下さいね。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

国産ステーションワゴンは時代遅れで不人気

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yasu

yasu

音楽を愛する(?)現役整備士yasuです。愛車はホンダバモス。ドラムを積むため使い勝手の良い軽バンが好みであります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新型ワゴンRfx(HYBRID)試乗!軽初搭載のヘッドアップディスプレイが優秀すぎる

  • 軽トラが高く買取される理由!高額査定を確実に狙うイチバン簡単な方法はコレ!?

  • 【車検に通すためのマフラーの選び方】サイレンサーを付けるだけじゃダメ!?

  • 長持ちする車が欲しい!耐久性の高いメーカーとクルマの選び方

関連記事

  • 【第二のカーライフ】FR車以外で楽しみたい方におすすめするスポーツカー3選

  • 軽自動車のすり減っていないタイヤはインチが同じなら他の車種に使える?

  • 【営業電話なし!査定額を調べられる】DMMオート(auto)を使ってみた感想

  • 車は見かけによらない!?隠れた高スペック高コスパな軽自動車シリーズ6選

  • ランクル80の年間維持費は高い?ディーゼル1ナンバーなら維持できる人急増

  • 【セカンドカー試乗】ミラジーノ(L650S)はとにかく便利で可愛くて高評価