1. TOP
  2. 試乗
  3. 【アルト(HA25S)試乗】低燃費だからセカンドカーもメインでも文句なし

【アルト(HA25S)試乗】低燃費だからセカンドカーもメインでも文句なし

低燃費だからセカンドカーもメインでも文句なし

個人的には「SUZUKI」の車っていいよねって思ってます。ずっと思ってます。

(ワゴンRとかジムニーjb23いいよね)

それでも、HA25Sアルトってなかなか乗る機会がなかったので、たまたま乗れたのでちょっと試乗レポートさせていただきました。

中古車市場では、グレードを選ばなければ走行距離5万~6万のHA25Sアルトが40万円程度で購入できる点はセカンドカーユーザーでも、見逃せないポイントなんだと思います。

セカンドカーが欲しいなと考えていた方はもちろん、とりあえず車が欲しいと思っていた方にも参考になると思いますので、お時間ありましたらご覧になってみて下さい。今回試乗したのは、アルト(HA25S) グレードFの4速AT、平成24年式(2012年)モデルです!

 

Sponsored Links

アルト(HA25S) 7代目とは

アルト(HA25S)7代目とは

アルトha25s型は、2009年12月にフルモデルチェンジして7代目になりました。エンジンは先代と同じK6A型。

先代6代目よりもより丸みを強調する形に変更され、好みははっきりと分かれると思いますがそれでもイマドキ感があり、デザインの古さを感じません。

 

アルト(HA25S)7代目とは

そして当然と言えばとうぜんですがこのボディの丸みは、燃費性能を考慮したデザインと言われています。実際に燃費JC08モード では21.8km/Lを実現。さらに平均実燃費では、19.1km/Lととても優れていますので、セカンドカーにするには申し分ない燃費です。

アルト(HA25S)とミラジーノ比較

長い距離を走ったわけではありませんので簡単に説明しますが、アルトはなかなか良かったよという印象です。

アルト(HA25S)7代目試乗

アルトのような「5ドアハッチバック」タイプの軽自動車はどれもサイズは変わらないと思いますが、僕が普段足に使っているミラジーノと比較すると、アルトの方が全高が少し高いです。

 

後席も広い

そのせいか、ぱっとみやはりアルトは大きく見えますし、中から見ても広い印象でした。

アルトの車体寸法
3395×1475×1535 (mm)
ミラジーノの車体寸法
3395×1475×1515 (mm)(平成18年式)

アルトの方が買い得か?

年式はアルトの方が新しいので、完全な比較はできませんが、それでもアルトの発売は2009年(平成21年)なので、そこまで性能に違いが出るような差はないと思っていましたが、乗ってみるとその差は歴然。アルトの方が全体的に上質でした。

デザインは好みなので、この際問題としませんが、まずはシートの座り心地と言いますか乗り心地です。

同じ軽ではありますが、アルトの方が明らかに座り心地が良いです。シートのホールディングが良いというかんじ。しっかりとカラダにフィットして座ることができます。

さらに内装からのイメージでは、アルトの方が鉄板が肉厚で守られている感があります。ミラジーノはどこかペラペラな感じで弱弱しい。

 

アルトの悪いところは?

ハンドルが上向きか?

アルトで強いて悪いところというと、これは好みだと思いますが、少しハンドルの傾きが気になりました。

 

少し上向きについているせいか、若干カラダが前に行かないとハンドルを掴みにくいです。

それがアルトの正しいポジションだと言えばそれまでですが、少しだけ慣れに時間がかかるのかなと思います。

アルト(ha25s)内装は?

ドリンクホルダーはやっぱりあると良いですね!

最近の車なら当たり前についているモノですが、ジムニーみたいなマニアックな車だと、この位置にドリンクホルダーがなくて使い勝手が悪いんですよね。

ドリンクホルダー最高

なので、ドリンクホルダー最高って話です。

収納力もありますよね。

使い勝手が悪いってことにはならなそうです。

 

アルト(HA25S)とミラジーノの走り比較

アルト(HA25S)とミラジーノの走り比較

(写真はアルトの4速AT:「E/F」グレードには4速ATと5速MTの設定。「G」は4速ATとCVTがあります)

今回、アルトもミラジーノもどちらも4速ATですが、走りについてもそこまで差はありませんでした。

ですが、車両重量730kgのアルトと、車両重量780kgのミラジーノでは、アルトのほうが瞬発力があり加速は良い印象です。

「軽いは正義」これはどの車でも言えることなんですけどほんとに正義だと思います。

アルト(HA25S)の評価まとめ

アルト(HA25S)とミラジーノを比較してみましたが、これはセカンドカーを購入する際に同じ価格帯の中古車ってところでも比較対象にいいのかなと思います。

実際どちらがいいのかと言えば、アルトの方が良かったです。デザインや内装についてはこの際、好みで選んで頂ければいいと思いますが、走りに関してはアルトがまあ良かったかなと思います。

どこが1番良かったかと言えば、やはり加速力(加速力っていうほどのモノではありませんが)ですね。走り出しって必ずすることなので、細かいようですが、少しでも良いと感じる車を選ぶのが長い目で見るとストレスがなくて良いと思います。

次に肉厚なボディも良いと感じました。その肉厚なボディがあることで、さらに走りの安定感も増すのかなと。

結局「SUZUKI」の車っていいよねって話で終ります。

軽自動車で十分だと思っていたり、とりあえず車あればOKって思っている方にとっては、アルト HA25Sは買い得感の強いモデルなのかなと思いました。少しでも中古車購入の参考になりましたら嬉しいです。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

低燃費だからセカンドカーもメインでも文句なし

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

miyoshikun(楽車どっとこむ 編集長)

miyoshikun(楽車どっとこむ 編集長)

とにかく車が好き。ただの車好き。スポーツカー2台+軽ジムニーにして3台持ちで車を楽しむつもりでいるただの車バカ。三度の飯の次に車が好きwご飯のうち1回はマックw 今はより多くの車の知識を増やすべくさらに勉強中。愛車RX-8をメインカーに。セカンドカーにJB23を追加(2019年12月)サードカーにJA12?(2020年1月)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【缶スプレーでDIY塗装】過走行車JB23ジムニーのフロントバンパーを缶スプレー塗装してみた

  • 缶スプレーホイール艶あり塗装やってみた!どの缶スプレーできれいに艶がでるの?

  • JB64ジムニーと新型ハスラーはどんな車?ファミリーで使いやすい車どっち?

  • 【もう失敗しない】JB23ジムニーのワイパーアームを100均缶スプレーで塗装してみた!

関連記事

  • 【スイスポ 試乗レビュー】zc33s型は歴代最強スポーツカーでコスパ高

  • スズキジムニーシエラJB74試乗!正直申し分の無い仕上がりでした【感想】

  • 【アルトワークス ha21s 試乗】加速を楽しむ今買い得セカンドカーならコレ

  • 【S660 試乗】ミニNSX?MR駆動のS660は魅力的な現代版ビート

  • 【スバル WRX STI 試乗】カスタム不要!走り文句無しでとにかく楽しい車

  • 【トヨタ 86前期 試乗】mtは名車間違いなし!自分仕様に仕上げるがおすすめ