1. TOP
  2. 中古車
  3. MR-S vs NBロードスター比較!軽量ボディで軽快な走りが味わえるのは?

MR-S vs NBロードスター比較!軽量ボディで軽快な走りが味わえるのは?

MR-S vs NBロードスター比較

スポーツオープンカーとして人気の高いMR-SとNBロードスター。

外の新鮮な空気を味わいながら気持ち良く運転できながら、スポーツ走行もしっかりと楽しめるにもかかわらず、意外にもお手頃な価格で購入できるお得な2台となっている事はご存知でしたでしょうか?

今回はそんな2台を比較しながらご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

MR-SとNBロードスター【外観】


ミッドシップレイアウトが特徴的なMR-Sは丸みのある流線的な綺麗なボディに仕上がっています。また、先代MR2に採用されていたリトラクタブルヘッドライトが廃止され固定式ヘッドライトが採用されたことでより現代的な雰囲気になりました。

スポーツカーというよりはオシャレなスポーツカー、ポルシェボクスターに似ている印象があります。

ただオシャレなだけでなく、ドア横には後方にあるエンジンにフレッシュエアを導入するためのサイドエアーダクトが備えつけており、いかにもミッドシップらしさが伺えるポイントとなっていますね。


先代NAロードスターから受け継がれたコンパクトながらに流線的なラインが綺麗なボディに仕上がっているNBロードスター。

大きな特徴は先代に採用されていたリトラクタブルヘッドライトを廃止し、固定式ヘッドライトを採用したことです。

NAロードスターにはあったノスタルジックな雰囲気とは大きく異なり、現代的なオシャレスポーツカーになりました。

どちらの車輌も先代から大きな変更を遂げ、現代的なオシャレなスポーツカーに仕上がっていますね。ただMR-SはMR2の面影が無く、違った物を作ろうというメーカーの考えがあり、逆にNBロードスターは先代のイメージを残しつつ新らしいデザインに仕上げられていていますよね。

MR-SとNBロードスター【内装】


MR-Sの内装は非常にチープな作りとなっていて特徴が無く味気の足りない仕上がりとなっています。

MR2にはあったトランクも装備されておらず、運転席後方に荷物入れが備えつけてある程度でちょっとした買い物程度なら良いですが、大きめのカバンがギリギリ入るか入らないかぐらいの広さとなっています。見た目も利便性もあまり良くない印象です。

ただ、シンプルな内装ですので自分好みに仕上げたい方には◎ですよね。

NBロードスターの内装は評判が高く、ブラックを基調としたインテリアでシートもブラックレザーを使用していたりと高級感があります。

 


また、パッケージによってはブラウンを取り入れた内装パッケージもありヨーロピアンなオシャレな空間となっています。

MR-Sには無いトランクがあるのも魅力的で大きめのボストンバックが楽々入る広さがありますので、ちょっとした遠出にも活躍します。

内装で比較するとチープな仕上がりで利便性の低いMR-Sよりも豪華・オシャレさのある内装に2シーターにしては積載性のあるNBロードスターの方に分がある印象でした。

MR-SとNBロードスター【走り】

MR-S最大の魅力は軽量なボディとなっています。前期型では車輌重量980㎏と1トンを切っており、1.8L車としてはまず異例な重量となっています。

N-BOXでも1トンを超えるグレードがあるのを考えるて非常に軽量な事が分かりますよね。

エンジンは1.8Lの1ZZ-FEエンジンを搭載し、馬力170PS、最大トルク17.4㎏を発生します。エンジン自体にパンチはありませんが、軽量なボディと相まって軽快な加速を発揮します。

ちなみにオーナーの方は口を揃えてエンジンの音が後ろから聞こえてくるのが他とは違ってたまらないとか。

また、MR駆動故のバランスの良さも定評があり、過激に走るサーキット走行などではもちろん、日常でただハンドルを切っただけでも車体の安定性がわかるほどMR駆動ならではのスタビリティーの高さが味わえます。

燃費は街乗りで9〜11㎞、高速走行では13〜15㎞ほどのようです。

NBロードスターの魅力もMR-S同様に軽量なボディとなっていますが、990〜110㎏ほどとグレードによって異なっていますので購入の際にはチェック項目と言えます。また、排気量も1.6Lと1.8Lの2種類があり、125PS〜160PSのラインナップとなっています。

意外にも排気量での人気の偏りはなく、馬力が高くても低くくてもロードスターらしい軽快な走りが味わえるそうです。確かに1トン近い軽い車重ならパワーは関係ないですよね。

また、足回りが高評価でソフトな味付けではありますが前後ダブルウィッシュボーンのサスペンションがいい仕事をするおかげで、乗り心地が良いままで、安定感ある走りができます。

乗り心地が良くて安定感のあるスポーツカーなんてまずありえないですよね。そのくらいNBロードスターの足回りはレベルが高いのでしょうね。

燃費は街乗りで8〜11㎞、高速走行では11〜13㎞ほどのようです。

どちらもエンジンにパワーはありませんが、軽量なボディで軽快な「走り」が味わえる仕上がりとなっていますね。

MR-SはMR駆動ならではの感覚を、NBロードスターは完成度の高い足回りを感じることができますね。

MR-SとNBロードスター【価格】

そんな2台、中古相場ではMR-SのMT車で距離6万㎞以内で60万円〜、NBロードスターの1.6LでMT車では同じく60万円〜、1.8Lではプラス15万円の75万円〜となっています。

スポーツカーで尚且つオープンモデル、見た目も走りもレベルの高い2台は魅力的なクルマです。

また、忘れてはならないのがどちらもオープンカーですので軽快な走りに爽快感がプラスされます。

外の空気を感じながら気持ち良くドライブできるのも特にこれからの季節は楽しいですよね。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

MR-S vs NBロードスター比較

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

maa

maa

FD以外の車では満足のできない。もう一度FDに乗りた過ぎる生粋のFD中毒男。実は車同様にバイクも好きです。休日にはバイクぶっ飛ばして日ごろのストレスを解消。野菜ジュースがあればあとは何も要らないほど野菜ジュース党な車バカ。愛車アルトワークス。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 人とかぶりたくないならコレ!個性溢れる面白い国産車5選

  • あえてインチダウンでキメる!?36ワークス14インチおすすめホイール4選

  • 36ワークスの足元を大きく見せる16インチで履かせるならコレ!オススメホイール5選

  • 36ワークス純正サイズの15インチで履かせるならコレ!スオススメホイール5選

関連記事

  • 走りはスーパーカー?まだまだ中古車で楽しめる国産MRスポーツカー6選

  • 【不人気な軽自動車がお買い得】賢く良い中古車を買うならこの車種がおすすめ

  • 【安く乗り出せるスポーツカー】初心者におすすめしたい人気スポーツカー5選!

  • ゴルフバッグが入る軽自動車・コンパクトカーでおすすめの車種全7選

  • ランクル100維持できない?1ナンバー3ナンバーの維持費は大きく違うので要確認

  • 修復歴のある車は本当に危険?上手に購入する方法や失敗せずに売買する方法は?