1. TOP
  2. 中古車
  3. 【コンパクトミニバン】現行シエンタ・フリード比較!どっちがおすすめ?

【コンパクトミニバン】現行シエンタ・フリード比較!どっちがおすすめ?

現行シエンタ・フリード比較!どっちがおすすめ?

コンパクトミニバンといえばこのシエンタとフリードの2車種です。どちらかが気になっていれば必ず比較対象になるであろうモデルになろうかと思います。

現行シエンタで3年落ち、フリードが2年落ちとしっかり「現行車」である2車種は、どちらがおすすめなのか?を比較してみたいと思います!

実際にどちらも中古車も出てはいるのですが、中古車で買うつもりであれば、デビューが1年早いトヨタシエンタが価格もそこそこ落ちて来ていてお買い得感が高くおすすめです。

そもそも販売価格からして価格の高いフリードは中古車ではまだまだ値落ちて来ていませんので、装備のそろった未使用車があるのでしたら即買いのタイミングかなとも思います。プロに探してもらうこともできます(無料)参考にしてみてください!

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■手間なく愛車を高く売却したい人

手間をかけずに愛車を高く売るなら「ナビクル」車買取サービスがおすすめです。ナビクルを運営するのは東証一部上場企業株式会社エイチームなので、安心して利用することができます。

■愛車の買取価格相場を確認する

ナビクルは、愛車の査定を依頼することができるサービスです。愛車の相場を調べることができるので、買い替え時に参考にしていただけます。 ディーラーでの下取りが好条件であったとしても、買取業者のほうが買取の専門店なので高額査定になりやすいです。

『手間なく愛車を高く売りたい』と思っている方は、ナビクルのサービスが最適だと言えますね。

■査定はスマホで簡単です

車査定 おすすめ
ナビクルならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけないサービスではないので、気軽に利用してくださいね(完全無料)
詳細はこちら

シエンタ・フリードの燃費

シエンタ・フリードの燃費

気になっている方は多いのかなと思いますが。燃費については、シエンタ・フリードどちらもノーマルとハイブリッドを設定しています。結論からお伝えしますが燃費はどちらのエンジンでも、若干ではありますがシエンタの方が燃費はいいです。

記載している実燃費は「若干」というよりも余裕とも思いますが、乗車人数や走る環境によっても大きく変わってくるので若干と表現しています。

シエンタの実燃費

シエンタハイブリッド(G)のJC08モードで…28.8km/L
シエンタノーマルエンジン(X)のJC08モードで…20.2km/L

実燃費で…(シエンタ X)
街乗り:13~15km/L
高速:15~18km/L

フリードの実燃費

フリードハイブリッド(HYBRID EX)のJC08モードで…26.6km/L
フリードノーマルエンジン(G)のJC08モードで…19.0km/L

実燃費で…(G ホンダセンシング)
街乗り:10~12km/L
高速:14~16km/L

シエンタ・フリードの3列目シート

シエンタ・フリードの3列目シート

シートの座り心地が良いのは、クッションに厚みがあるフリードで、シエンタはフリードよりも薄いため、長時間座るつもりであれば疲れるのかもしれません。これは大人視点なので、子供さんが乗る分には問題にならない程度と思いますので参考にしてみてください。

実際まだまだ展示車両、試乗車もありますので、座って体感するのがいちばんだと思います。

3列目シート収納

さらに、3列目シート自体の収納性ですが、シエンタは床下収納式ですし、フリードは(正しい名称が分からずすみません)跳ね上げ式となります。

3列目シート収納

シエンタはその名のとおり2列目の床下に三列目シートを収納してしまうことができるので、とても荷室の使い勝手が良いです。

フリードは三列目シート

フリードは三列目シートの上部、天井から吊り下げるような形に固定するだけなので、比較すると収納性は悪くなりますし、一番のネックは後方をさえぎることになり運転に支障が出てしまうところが気になります。

3列目シートの乗り降り

3列目シートへは、シエンタもフリードも2列目シートを起こして乗り降りしなくてはいけないのですが、シエンタは何も気にせずに起こすことが出来るのに対して、フリードは2列目シート位置を1番後ろにしてからでないと、2列目シートを起こすことが出来ないところが細かいですが気になるところです。

シエンタ・フリードの安全装備

シエンタ・フリードの安全装備

最近の車では当たり前に設置されるようになった安全装備についてですが、シエンタもフリードももれなく設定があるので、どのグレードを選んでいただいても問題なく設定することができます。

ただ、ひとつはじめに理解していただきたいのが安全装備(自動ブレーキなど)は、装備していれば絶対に事故にならないということではありません。事故になる可能性を少なくするものですし、装備していれば乱暴に運転していいものでもありませんのでご注意下さい。

トヨタ セーフティーセンス

トヨタシエンタの安全装備は「トヨタ セーフティーセンス」になります。オプションで付ける場合には、43200円から81000円となり、オプション対象グレードは、X、ハイブリッドX、ファンベースX、車椅子仕様車Xです。

このほかのグレード(「X」が付くグレード以外)には標準装備となっていますが、つけようと考えている方は念のため確認をお願いします。

ホンダセンシング

ホンダフリードの安全装備は「ホンダセンシング」です。フリードの場合はホンダセンシングのグレードがありますのでそちらを選んで頂ければ問題ありません。ホンダセンシンググレードを選んで頂く方がお買い得です。

シエンタ・フリードのスライドドア

シエンタ・フリードのスライドドア

あと、フリードのスライドドアを両側に付けたい場合、そのときも「ホンダセンシング」グレードを選んで頂ければ両側スライドドアが設定されますので覚えておいてください。

シエンタの両側スライドドアなら「G」で両側に。「X」で片側(助手席側)にスライドドアの設定になります。

安全装備は決して安いオプションではありません。4万円から10万円ほどの追加費用が必要なので、悩まれる方は多いと思います。ですが、コンパクトミニバンの用途上、ご家族、お子さんを乗せることが多い車です。

万が一、自動ブレーキを使うことがあった場合のことを考えると、たった1回だけのためかもしれないですが「付けておいて良かった」と思えるオプションだと思います。

予算が足りない場合、純正ナビなど高価な装備を社外のモノに変更することもできます。ナビだけでも数万円から10万円程度コストを浮かせることも出来ますので最良の車購入参考にしていただけたら嬉しいです。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

現行シエンタ・フリード比較!どっちがおすすめ?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

みー(楽車どっとこむ 編集長)

みー(楽車どっとこむ 編集長)

とにかく車が好きでスポーツカー2台+軽ジムニーにして3台持ちで車を楽しむつもりでいる車バカ(実現)。三度の飯の次に車が好きwご飯のうち1回はマックw 今はより多くの車の知識を増やすべくさらに勉強中。愛車RX-8を売却…現在メインはCRZ。セカンドカーにJB23(2019年12月)JA12(2020年1月)を追加!インスタはこちら⇒instagram.com/miisan

この人が書いた記事  記事一覧

  • 100万円以下で購入できるかっこいい中古輸入車おすすめ9選!初めての外車の維持費をざっくり紹介

  • 多走行のマニュアル車「パワーでない?」と思ったらチェックしてみて

  • 庶民でも購入できる中古スポーツカーおすすめ7選!維持費もざっくり紹介

  • スズキハスラーにおすすめのシートカバー7選!適合不適合車紹介します

関連記事

  • 【第二のカーライフ】FR車以外で楽しみたい方におすすめするスポーツカー3選

  • 【子供2人まで】ファミリーカーに使える軽中古車おすすめ11モデルはコレ

  • 中古車を購入する時諸費用を節約することで車は安く買える【軽自動車・普通車】

  • 【外車以上】オシャレも走りも楽しみたい!国産スポーツオープンカー5車厳選

  • 【家族向けスポーツカー】スポーツ走行を楽しめる侮れないワゴン5車種がスゴイ

  • インスタ映えする車!今すぐ買いたい自慢したい楽しい中古車14選