1. TOP
  2. 中古車
  3. 【狙い目】今乗りたい!不人気でもかっこいい外車ステーションワゴン4選

【狙い目】今乗りたい!不人気でもかっこいい外車ステーションワゴン4選

 2018/11/29 中古車 車の役立つ知識
  1,801 Views
stationwagon-unpopularmodel

外車は、日本車にはないデザイン性、安全性、走行性能など様々な魅力があります。お国柄も違えば、その違いが車づくりにも反映されています。どの輸入車も魅力がありますが、不運にも日本市場では売れなかった車も残念ながらあります。

今回は、そんな不運に不人気になってしまった輸入車、特にステーションワゴンにスポットを当て、ご紹介していきます。

Sponsored Links

アルファロメオ 159スポーツワゴン

Alfa Romeo 159

アルファロメオのスポーツワゴンの一つが159スポーツワゴンです。159はGMと共同開発されたプラットフォームを採用した、Dセグメントに属するステーションワゴンです。

アルファロメオというブランド自体、コアなユーザーから支持されており、このモデルではGMと共同開発されてプラットフォームを採用した事によって、コアなユーザーから毛嫌いされてしまい、さらには大柄なボディも合わさって不人気となってしまった不運なモデルです。

しかしながら、デザインはアルファロメオをしっかりと意識するデザインとなっており、今でもデザインは魅力あるものとなっています。

サーブ 9-5エステート

サーブ 9-5エステート

サーブのフラグシップモデルが「9-5(ナイン ファイブ)」です。そのステーションワゴンが9-5エステートです。スウェーデンの自動車会社であったことから、厳しい寒さでも使いやすい仕様となっており、安全面でも他の欧州車と遜色ない車となっています。

また、デザインもサーブらしく大型ヘッドランプが特徴的です。しかしながら、経営悪化により日本含む世界市場での販売網の構築が出来ず、販売不振となり、結果、経営破綻となり販売終了となってしまった不運なモデルです。

ジャガー Xタイプエステート

Jaguar X type Estate

ジャガー初のステーションワゴンとして登場したのが、Xタイプエステートです。Xタイプエステートは、ジャガーとしては初のステーションワゴンかつ初の4輪駆動モデルだった車でもあります。

当時、ライバル視していたメルセデス・ベンツやBMWに勝負を仕掛けた車種でもありましたが、当時、ジャガーはアメリカのフォードの傘下だったこともあり、ジャガー特有のFRではなくFFということもあり、不運にも不人気となりました。

ジャガーならではのデザイン性、内装の質感の高さは魅力ある1台でしたが、ライバルに一歩およばず負けてしまったモデルです。

プジョー プジョー407SW

プジョー プジョー407SW

プジョーのミドルクラスステーションワゴンはプジョー407SWです。プジョー407SWは、日本におけるフラグシップモデルとして販売されました。フラグシップモデルだけあり、ボディサイズも大きく、猫科を想像させるフロントデザインも魅力的です。

しかし、デザイン性とは裏腹に、搭載されるエンジン及びトランスミッションは当時のライバル車と比較すると、1世代前と感じざるを得ないものとなっており、ライバル車に負けてしまった不運なモデルです。ですが、欧州車含む他社にはないデザイン性と、プジョーならではの足回りの良さには定評がある1台となっています。

不人気でもかっこいい外車ステーションワゴンまとめ

今回は不運にも日本市場では売れなかった輸入ステーションワゴンをご紹介していきました。どの車も、特徴があり魅力的な車ばかりです。

ですが、様々な理由によって売れなかった車となっています。不人気車だからといって、車自体が悪いわけではありません。そして、不人気車種だからこそ、メリットもあります。それは、中古車市場における価格がお値打ちという点です。その為、お値打ちに輸入車ステーションワゴンを購入したい方には、こういった不人気車種を狙っていくのも一つの方法です。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

stationwagon-unpopularmodel

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yasu

yasu

音楽を愛する(?)現役整備士yasuです。愛車はホンダバモス。ドラムを積むため使い勝手の良い軽バンが好みであります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新型ワゴンRfx(HYBRID)試乗!軽初搭載のヘッドアップディスプレイが優秀すぎる

  • 軽トラが高く買取される理由!高額査定を確実に狙うイチバン簡単な方法はコレ!?

  • 【車検に通すためのマフラーの選び方】サイレンサーを付けるだけじゃダメ!?

  • 長持ちする車が欲しい!耐久性の高いメーカーとクルマの選び方

関連記事

  • 30万円以下で乗る!格安すぎる国産コンパクトスポーツカーおすすめモデル5選

  • 車は比較すると高く売れる!愛車が高く売れる理由は複数業者で査定が◎

  • 【家族向けスポーツカー】スポーツ走行を楽しめる侮れないワゴン5車種がスゴイ

  • 【第二のカーライフ】FR車以外で楽しみたい方におすすめするスポーツカー3選

  • ゴルフバッグが積めるセダンのおすすめ車種全6選

  • 車売るとき査定価格がアップするオプションパーツは純正パーツ?それとも社外?