1. TOP
  2. 中古車
  3. 国産ステーションワゴンでおすすめ6車種厳選!今お得に乗り出せる中古車は?

国産ステーションワゴンでおすすめ6車種厳選!今お得に乗り出せる中古車は?

国産ステーションワゴンでおすすめ6車種厳選!

今や様々なボディタイプが投入され、昨今で人気なのがミニバンやコンパクトカー、SUVです。そのため、中古車でもミニバン、コンパクトカーやSUVタイプは人気が高く、人気車種は特に中古車市場でも高価に取引されていることが多いです。

そういった中でも、ステーションワゴンはそれらボディタイプと比べると人気も落ち着いており、価格帯もこなれていることから購入しやすいタイプと言えます。今回は、そんなステーションワゴンでもお得に購入することができる国産中古車を中心にご紹介していきます。

Sponsored Links

トヨタ カローラフィールダー

トヨタ カローラフィールダー

トヨタの5ナンバーサイズのステーションワゴンが、カローラフィールダーです。

現行モデルではハイブリッドモデルが展開されていますが、それ以前のモデルはガソリンモデルのみとなっています。

現行モデルで3代目となり、初代及び2代目は中古車市場においても流通量が多く、市場価格も落ち着いています。手頃な価格で5ナンバーサイズのステーションワゴンが欲しい方にお勧めです。

★カローラフィールダーの実燃費
街乗り:12.0km/L
高速:16.0km/L

★カローラフィールダーの中古車価格相場
相場:35万円~270万円

日産 ウイ ングロード

日産 ウイ ングロード

日産の5ナンバーサイズのステーションワゴンが、ウイングロードです。

ウイングロードは、現行モデルでは登場時から12年経っており、長いモデルライフとなっていましたが、2018年3月に販売終了。その為、中古車市場でも現行モデルが多く流通しています。

初期型モデルと3月まで販売されていた新型のモデルの外観の違いがほとんど見分けがつかないので年式が古い中古車でも古さを感じさせないところもおすすめのポイントになります。

中古で購入する場合でも、初年度登録が古くても現行モデルとなる為、交換部品なども供給されている点は魅力的です。また中古車価格も落ち着いているので、手頃な価格で長く乗りたい方にお勧めのモデルでしょう。

ちなみに…ウイングロードの販売終了によって、日産のステーションワゴンそのモノがなくなる形となりましたので、ウイングロードは日産最後のステーションワゴンと言える貴重なモデルでもあるのです。

★ウイングロードの実燃費

街乗り:10~12.0km/L
高速:12~14km/L

★ウイングロードの中古車価格相場

相場:8万円~140万円

スバル レガシィツーリングワゴン

スバル レガシィツーリングワゴン

スバルのステーションワゴンの一つがレガシィツーリングワゴンです。現行モデルではレヴォーグが後継となっていますが、レガシィツーリングワゴンは未だに人気が高く、特に限定車モデルは価格が高騰しています。

しかし、レガシィツーリングワゴンは流通量も多く、ベースグレードであれば価格も落ち着いており、ステーションワゴンとしての積載性も高いのが特徴で、ステーションワゴンとしての使い勝手はトップクラスです。

また、ターボチャージャー付きのハイパフォーマンスモデルも展開されており、長距離ツーリングが多い方にもお勧めです。

★レガシィツーリングワゴンの実燃費
街乗り:6.0~7.0km/L
高速:8.0~9.0km/L

★レガシィツーリングワゴンの中古車価格相場

相場:37万円~260万円

トヨタ クラウンエステート

トヨタ クラウンエステート

11代目クラウンをベースにステーションワゴン化したのが、クラウンエステートです。クラウンをベースにしていることから、内外装の質感も高く、ステーションワゴンでも珍しいFRとなっています。

また、歴代クラウンでも最後の直列6気筒搭載モデルであったことから、このクラウンエステートにも直列6気筒モデルが展開されています。今では直列6気筒エンジンはなく、直列6気筒ならではの魅力を感じる事が出来る希少性の高いステーションワゴンです。

ただし、年式が古くなっている為、流通量は年々少なくなっており、程度が良い個体は高値がついていることもあるため、注意が必要です。

★クラウンエステートの実燃費
街乗り:5~7.0km/L
高速:10~12km/L

★クラウンエステートの中古車価格相場
相場:23万円~210万円

トヨタ アベンシスワゴン

アベンシスワゴンT250型

トヨタのステーションワゴンの一つがアベンシスワゴン(写真上:2代目/下:3代目)です。アベンシスワゴンは、元々は欧州(イギリス)のUK専売モデルとして販売されており、製造はイギリスとなっています。その為、日本では輸入販売となっています。

欧州モデルであることから、当時では標準で安全装備も充実しており、また足回り、シャシー剛性も国産車と比較して高い事から、トヨタ車でありながら欧州車を感じる事が出来る稀有なモデルです。

流通台数は少ない為、状態の良い個体はなかなか手に入りづらいですが、欧州車並みの乗り味を手にする事が出来るので、欧州車が好きで他とかぶりたくないと思っているユーザーにもお勧めです。

★アベンシスワゴンの実燃費
街乗り:9~10km/L
高速:12~14km/L

★アベンシスワゴンの中古車価格相場
相場:32万円~232万円

マツダ アテンザスポーツワゴン

マツダ アテンザスポーツワゴン

マツダ アテンザスポーツワゴン

魂動デザインが採用される以前のアテンザのステーションワゴンが、アテンザスポーツワゴン(上が初代GY型・下が2代目GH型)です。現行モデル(アテンザワゴン)はマツダのフラッグシップモデル(最高級のモノ)で、質感も高いのが特徴的です。

現行モデル以前では、まだ魂動デザインではなかった為、比較的人気度も低く、価格も落ち着いています。現行モデルでは、ディーゼルエンジンがピックアップされがちですが、初代モデルでは2300ccにターボチャージャーを組み合わせたハイパフォーマンスモデルも展開され、ホットなステーションワゴンとなっています。

★アテンザスポーツワゴンの実燃費
街乗り:8~9km/L
高速:10~12km/L

★アテンザスポーツワゴンの中古車価格相場
相場:16万円~138万円

国産ステーションワゴンおすすめ中古車 まとめ

今回は国産中古車のステーションワゴンをご紹介しました。

どの車種も新しくても古くても、魅力あるモデルばかりで、今見てもデザインで新型車に見劣りするようには思いません。どのメーカーもデザイン力は高くそれでいてお得に中古車で購入することができるので本当におすすめのモデルばかりです。

中古車は1台1台状態が異なりますので、気になった車両があればすぐにチェックする事をお勧めします。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

国産ステーションワゴンでおすすめ6車種厳選!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yasu

yasu

音楽を愛する(?)現役整備士yasuです。愛車はホンダバモス。ドラムを積むため使い勝手の良い軽バンが好みであります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新型ワゴンRfx(HYBRID)試乗!軽初搭載のヘッドアップディスプレイが優秀すぎる

  • 軽トラが高く買取される理由!高額査定を確実に狙うイチバン簡単な方法はコレ!?

  • 【車検に通すためのマフラーの選び方】サイレンサーを付けるだけじゃダメ!?

  • 長持ちする車が欲しい!耐久性の高いメーカーとクルマの選び方

関連記事

  • 車が高く売れる時期は?軽・コンパクト・1BOXは●●に売却で高額になる

  • 【セカンドカー試乗】ミラジーノ(L650S)はとにかく便利で可愛くて高評価

  • ホンダCR-Z 前期zf1と後期zf2違いは?パワー・駆動性で選ぶなら〇〇型!

  • 【50万円以下】まだまだ現役!格安すぎる中古軽自動車おすすめ車種6選

  • 人とかぶりたくないならコレ!個性溢れる面白い国産車5選

  • ランクルプラドの年間維持費は?最低月3万円でOK?購入前に必ずチェック