1. TOP
  2. 車の役立つ知識
  3. 【50万円以下ミニバンをおすすめしない理由】格安車が極上車となる購入条件とは?

【50万円以下ミニバンをおすすめしない理由】格安車が極上車となる購入条件とは?

格安車が極上車となる購入条件とは?

あまりにも古い車の購入はそもそもおすすめしませんが、10年落ち~15年落ち程度の中古車は比較的安価に購入することができ魅力的なため、購入を考えている方は多いと思います。

ですが、年式的には明らかな中古車らしい中古車になるので、しっかりと中古車の基本的なことを理解していないとただただ安いだけのボロボロの車を購入する羽目になるかもしれません。

こちらで紹介していることを知っているのと知らないのとではこれからの中古車購入が大きく変わります。状態の良い中古ミニバンを購入することは決して簡単ではありませんが、誰でもできるのです。ぜひお時間を作って頂いてチェックしてみて下さい。

Sponsored Links

ミニバンにも相場がある

まずイチバンにお話をしなければいけないのが「モノ」には相場があるということです。需要と供給の関係の中から、そのモノの価格(価値)が「いくら」と決まります。

例えば全く同じ間取り条件で新築アパートと築30年のアパート…どちらが家賃が安いでしょうか?と聞かれたら、これはどなたでも答えられると思います。答えは…築30年のアパートの方が家賃が安くなります。

ではなぜ安くなっているのでしょうか?

「ボロい」「汚い(臭い)」「使い勝手が悪い」「狭い」「機能性が低い」「事故物件」…と、家賃が安くなる理由は様々あります。

もう何が言いたいのかはわかっていただけると思いますが、これは中古車も全く同じなんです。

中古車もアパートと同じで10年も経つと必ず不具合が出てきます。「リフォームしてキレイな良い物件もあるでしょ?」と思う方もいるかもしれません。

中古車も「内外装の見た目だけキレイにリフォームしている」モノもとうぜんあります。「え?こんなきれいならお買い得」と思ってしまいますが、10年の年月がリセットされたわけではありません。

なので目に見えない内側の部品はほとんどが確実に10年前のものなのです。

ちなみに今(2019年1月)現在ステップワゴンの相場価格(普通の状態の10年落ち程度までの中古車相場)は200万円です。ではその時に予算50万円で購入できるステップワゴンは問題ないのでしょうか?

このような話をすると、50万円の中古車って大丈夫なの?と思う方は少なくないと思いますし、そのように考えるのが一般的なんだと思います。

↓こちらでは相場価格について詳しく書いています参考にしてみてください。

【楽車】中古車購入失敗する人と成功する人の違い?予算は逆算すると失敗しない

こちらの記事を読んでもらえれば、どのような中古車を購入すると良いのかが分かってもらえるはずです。

とは言え、こちらに「予算50万円以下で…」のタイトルをつけていますので、予算50万円以下のミニバンを気にされている方もいると思います。どうしてもその価格帯で購入したい人のための、失敗しない中古ミニバンの購入方法を続けてお話しさせていただきます。

【必読】予算50万円でミニバンを買うなら

ミニバンはジャンルとしてもとても人気がある車なので、「普通の状態」の中古車ともなると、そこそこいいお値段になってしまいます。

そのため予算50万円の条件となると、なかなか状態の良い中古車は出てきません。

だからといって「状態は仕方がない」としてしまうのは正直よろしくないので、できる限りそうならないようにするための中古車の購入方法をこちらに紹介していきます。どうしても予算50万円以下でないと厳しいという方は必読な内容です。

これからお話しする方法はミニバンに限らず、軽自動車でもセダンでもコンパクトカーでもスポーツカーでも…全てのジャンルで言えることなのでぜひ参考にしてみてください。

結論からお伝えしますが予算50万円で、ミニバンを購入するなら、「人気の装備(オプション)」をつけないでください。

「人気装備」とは。ミニバンのジャンルそのものに人気があるように、オプションにも人気があります。ミニバンを購入しようとする方の多くはお子さんがいる方が多いため、使い勝手の良いスライドドアは人気があります。なので付けていないより付けている中古車は人気がありますし、片側よりも両側にスライドドアが付いている中古車が人気があり価格も高くなる傾向です。

ココからは人気の装備を紹介していきます。ここで紹介する装備を全て満たす中古車は価格が高くなりますし、紹介している装備(オプション)が少ないほど本体価格は安くなるため、『中古車購入条件の目安』となりますのでぜひ覚えていってくださいね。

ミニバン人気の装備(オプション)について

白・黒のボディカラー

白黒は人気があります。人気色は状態に限らず相場価格より10万円以上高くなることがあるので、予算50万円以下の厳しい条件の中でしたら、白黒を外した条件での購入がおすすめです。

パワースライドドア

大家族・大人数の乗車であったり、お子様を乗車させるつもりで購入するミニバンなので、パワースライドドアは乗り降りも楽になるので人気があります。最近は両側にスライドドアが装備されているものが一般的になっているので、片側にしかついていないような車種・グレードは狙い目です。

内外装の状態(キズ・汚れ)

こちらはすべての車に言えることですが、汚れていたり大きな目に見えるキズがある場合、車両本体価格は下がります。あまりにも大きすぎるキズが付いている場合は、車の状態にも影響するため、逆に問題になりますがそうではなく、妥協できる・目をつぶれるような擦り傷やへこみキズがあれば相場よりも安く購入できる可能性がありますので、選ぶ際に意識的に見ていただきたいポイントです。

車内の臭い(タバコ・ペット)

汚れに関係してくることでもありますが、ニオイがあるなしで価格が変わります。タバコやペットの臭いは有名なお話です。ただここで1つポイントとしてはタバコのニオイは、ある程度後からでもなくすことができるんです。ですが、ペットの臭いはなかなか取ることができませんのでご注意ください。さらにこのような臭いのほかに香水の匂いもあります。ある人にとってはいい匂いなのですがこちらもなかなか一般受けしないためネットのみで購入する場合は、しっかりと確認するポイントです。

4WD

特に雪の降る地域ではあるとないとでは大きな差になりますのであればベストな装備です。ただなかなかミニバンで装備してる車は少なくなりますので、予算500,000円以下となると正直条件として難しい装備です。
「4WD」を検討されるのであれば+10万円程度で購入できる場合、予算オーバーしたとしても損は無いのでよく検討してみて下さい。

排気量2000cc以下

少しでも自動車税を安くしたい…のだと思いますが、みんなが考えているってことはそのような車は人気があり高くなります。

自動車税
1500cc ~2000cc:39,500円
2000cc ~2500cc:45,000円

 

ですが2000ccの車と、2500ccまでのミニバンの自動車税の違いは年間で5500円しか変わりません。月にすれば500円程度です。

月に一回タバコを買わなければいいわけですし、月に2本だけ発泡酒をお休みすればいいだけです。

それだけで、場合によっては車両本体価格が10万円違ってくることがありますので、排気量の条件は少し広げて探してみてください。多くの方が敬遠しがちな2000cc以上のミニバンは人気がありません。同じ条件で中古車を探すことで、好条件の物件が増え、状態の良い中古車を購入できる可能性は高くなりますので意識的にチェックしてみて下さい。

走行距離10万キロ以下

走行距離10万キロ以下の中古車は予算50万円以下だとなかなか厳しいです。走行距離に関しては車の状態にもろに影響する部分でもありますので、あまりこの条件を崩さないように探してみてください。

排気量の条件を広げて探すことで、走行距離10万キロ以下の中古車が見つかることは多々あります。こちらも合わせてチェックしてみてください。

ナビ・Bカメラ・社外アルミホイール

ナビに関しては今では高性能なアプリもありますのであまり気にしなくても良いとも思うのですが、バックカメラに関してはついているとやはり価格は上がってしまいます。

社外アルミホイールだったり、スタッドレスタイヤについては、予算内でついていたらラッキーだと思うスタンスで探すのがいいでしょう。ここまで条件に入れてしまうとやはり車の状態が気になります。予算50万円以下の中では基本的には条件につけないことが理想です。

ここまで8個の人気装備を紹介させていただきました。

価格を抑えるためだとは言え、『パワースライドドア・内外装の状態・車内の臭い・走行距離』に関しては状態にも関わるところもあるため、妥協しないほうがいいのかなと思います。

そもそもコストを下げて車を探しているのに、あまりにも希望条件を満たさない車を購入してしまうと、結局「使い勝手が悪い」「愛着が湧かない」「すぐに壊れた」というような状況になりやすく、結果すぐに売却する方も少なくありません。

それよりも最も妥協するべき点はボディーカラーです。

白黒の場合基本的にはどの年代の方も乗られているのですが、それでも若い年齢層の方が乗っていることが多く、運転の仕方やメンテナンスの面ではデメリットになりうるリスクが大きくなる傾向があります。

「白・黒は人気があって価格が高くなるから」やめましょう。

と言うことよりも、中古車の状態を意識する上で条件から外すのがベストです。

あともう1点、狙い目となるのは排気量2000 CC以下の条件です。ファミリーカーであるミニバンにもセダンなどのように2500cc・3000 cc・3500ccなどの上位グレードがあります。

これらの車に乗っていた方は金銭的に余裕のある方が多い傾向なので、メンテナンス面がしっかりとされている中古車が多いです。

なので、排気量以外の条件が全く同じミニバンが二台あるとすれば排気量の大きい中古車を選ぶことで、状態が良い中古車に当たる可能性が高くなるのです。

【まとめ】予算50万円以下で状態の良い中古車を買うなら?

まとめますと、予算50万円以下と言う厳しい予算でミニバンを探すのなら?

50万円以下で状態が良い中古車
不人気カラーから探す
排気量の大きいミニバンから探す
4WD条件を除外して探す
ナビBカメラ条件を除外して探す

上記の条件を満たすことで予算500,000円と言う厳しい中でも状態の良い中古車を見つけることができるはずです。特に上の2つ(不人気カラー・排気量の大きいミニバン)ですね。

ここだけ意識するだけでも、十分狙い目となる車両は増えるので、ぜひ他の方にバレないようにしてこっそりと探してみてください。

このような条件だからこそ状態の良い中古車が見つかります。逆に言えば不人気カラーだからといって「やっぱり予算は40万円にしよう。」ということは絶対にやめてください。

人気がない中古車の中でも50万円とすることで状態の良い極上中古車が見つかるんです。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

格安車が極上車となる購入条件とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

みー(楽車どっとこむ 編集長)

みー(楽車どっとこむ 編集長)

とにかく車が好きでスポーツカー2台+軽ジムニーにして3台持ちで車を楽しむつもりでいる車バカ。三度の飯の次に車が好きwご飯のうち1回はマックw 今はより多くの車の知識を増やすべくさらに勉強中。愛車RX-8をメインに。セカンドカーにJB23を追加(2019年12月)あとJA12整備中(2020年1月)インスタはこちら⇒instagram.com/miisan

この人が書いた記事  記事一覧

  • RX8タイプSの気になる燃費を調べてみたけどコレって悪いの?

  • 【JA11の燃費】11ジムニーエアコンフルでも燃費悪くなくてむしろ良かった!?

  • 【JB64】新型ジムニー5ドアが早ければ2020年12月にスズキインディアで発売開始!?

  • 愛車RX8タイプSに2年乗ったのでメリットやデメリットについて紹介

関連記事

  • 【スポーツカーを家族に反対されたら必読】運転して楽しいファミリーカー5選

  • 【ホイールロックナットM12 P1.25 P1.5】Amazonレビュー良かったの試してみた

  • 再び大流行!?ミニ四駆初心者が勢いでミニ四駆買ってみた2019!

  • ランクル80の年間維持費は高い?ディーゼル1ナンバーなら維持できる人急増

  • 【買い得】安くて走りも楽しい!今乗りたい国産FFスポーツカー5車厳選

  • 【かっこいい車に乗りたい!】外車ステーションワゴンの新車おすすめ車種6選