1. TOP
  2. 車の役立つ知識
  3. 修復歴のある車は本当に危険?上手に購入する方法や失敗せずに売買する方法は?

修復歴のある車は本当に危険?上手に購入する方法や失敗せずに売買する方法は?

 2019/07/05 車の役立つ知識
  493 Views
修復歴のある車は本当に危険?上手に購入する方法や失敗せずに売買する方法は?

「修復歴のある車」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか?「ハンドルが効かなくなる」「壊れて事故を起こしそう」など、危険な車というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?

確かに普通の車に比べるとイメージが悪く、価値も下がります。かと言って、すぐに事故を起こしてしまうほど危険かというと、それもちょっと違う気がします。実際に、中古車販売店で売られているのをよく見かけますし・・・。

そこで今回は、修復歴のある車が本当に危険な車かどうかを検証してみたいと思います。

Sponsored Links

修復歴のある車は本当に危険なの?

巷では「修復歴車は事故を起こす確率が高いから危険だ」などと言われています。

「そもそも修復歴ありの車ってどんな車なのか、」について解説しておきます。結論から申し上げると、修復歴ありの車というのは、車の主要部分を修理・交換した車のことを指します。

 

①フレーム、②クロスメンバー、③インサイドパネル、④ピラー、⑤ダッシュパネル、⑥ハーフパネル、⑦フロア、⑧トランクフロア、⑨ラジエータコアサポート

 

以上9つの部分は、車の「心臓」と言っても過言ではないくらい大切な部分なんです。そして、この9つの部分いずれか1つでも修理・交換したことのある車のことを「修復歴ありの車」と呼んでいます。

これらが損傷した状態で車を走らせると、真っ直ぐ走らなかったり、雨漏りしたり、電気系統がショートするなど、様々なトラブルに巻き込まれることになります。

 

逆に上記9つの部分に修復歴が無ければ「修復歴ありの車」には該当しません。事故によって見た目がボロボロになった車であっても、上記9箇所が無傷であれば、修復歴ありの車にはならないんです。

修復歴のある車が危険というのは、過剰な憶測だと感じています。というのも、ネット上を見渡してみたところ、「すぐに故障するかもしれない」「真っ直ぐ走らなくなる可能性がある」「トラブルが頻発するリスクが高い」というように、「かもしれない」「可能性がある」「リスクが高い」など根拠の乏しい表現をしているサイトがほとんどだからです。

「修復歴車に乗っているうちに故障して事故に遭った」といった実際の体験談的な記事は全く見当たりませんでした。もちろん、正常な状態の車に比べると、不具合を起こすリスクが高くなるのは間違いないのですが、だからと言って「全ての修復歴車が危険」と極端に考えてしまうのは軽率だと思います。

そもそもなぜ、「修復歴のある車=危険」という考えが広まってしまったのでしょうか?それは、日本特有の「リスクに対する過剰な拒絶反応」によるものだと言えます。日本では車の事故や故障に対してネガティブなイメージが強く、それが「修復歴車は危険だ」という不確かな情報に繋がっているのです。

実際に海外では修復歴の概念すら存在しないため、修復歴の有無によって車の価値が変わることはありません。

ということは、修復歴のある車の全てが危険だとは言えないことになります。中古車市場においては価値が下がってしまうものの、実際には問題なく乗れる車も存在するというわけです。最近では修理技術も上っているので、修復歴有りでもすぐに故障する車は、昔に比べて遥かに少なくなっています。

ただ、正常な車に比べるとやはり不具合や故障のリスクは完全に否定し切れないので、基本的には修復歴のある車を購入することはおすすめできません。ですが、「どうしても車を安く買いたい」「修復歴ありの車の中で比較的状態の良い車両を見つけたい」という方は、多少のリスクは承知の上で乗ってみる価値があるのではないでしょうか?

 

修復歴のある車はどれくらい価値が下がるのか?

ただし、いくら修復歴車の中に問題なく乗れる車があるとしても、中古車市場においては通常の車に比べて価値が下がることは避けられません。

どれくらい下がるのかと言うと、通常の車の2~3割は下がると言われています。正常な状態で100万円の価値があるとすれば、70万円~80万円まで下がってしまうということですね。車を買う時は安くてお得かもしれませんが、売却時は明らかに損で、高く売りづらくなってしまいます。

ただし、「2~3割」というのはあくまで大まかな数値です。実は修復歴のある車の減点基準というのは、日本中古車査定協会によって定められています。この基準によると、どの部位を修復したかによってマイナス点数が変わってきます。

たとえば、100万円の価値がある車のフロントクロスメンバーを修復した場合、約21万円減額されることになります。また、同じ車のピラーを交換したケースでは、約27万円減額されます。もちろん車の価値が低いほど減額される金額は少なくなりますが、それでも数十万円単位で減額される可能性が高いです。

 

質の良い修復歴車を上手に購入する方法

先述の通り、修復歴のある車は、中古車市場において価値を大幅に下げられます。ただ裏を返すと、価値が下がる分、購入時は格安で購入できることになります。何度も言いますが、修復歴があっても問題なく乗れる車は存在します。なので、どうしても修復歴のある車を購入したい方は、比較的状態が良くて格安の修復歴車を探すことが重要なポイントになってきます。

逆に価格の安さに釣られて適当に選んでしまうと、全てが台無しです。すぐに故障したり、メンテナンス費用が余分にかかったり、売る時に価格が付かないどころか廃車費用を取られるなど、大損してしまいます。

では、状態の良い修復歴車をどのように見つけるかですが、まず中古車検索サイトで「修復歴あり」と書かており、なおかつなるべく安い車を探します。お目当ての車が見つかったら、その車を販売している店舗に修理状況や事故の度合いについて問い合わせます。

もし、骨格の一部しか損傷していなかったり、フレーム全体に影響が無い場合は、かなり質の高い修復歴車と言えます。逆にフレーム全体に影響があったり、複数の箇所に損傷が見られるような場合は、その車を購入してはいけません。

また、こちらの問い合わせに回答できないような販売店とは取引しないでください。修復歴の詳細を隠すなど、良からぬことを考えているかもしれません。

このように、中古車販売店に購入したい車の修理状況などを尋ねることで、質の高い修復歴車を選ぶことができるのです。

 

修復歴のある車を高く売る方法

では修復歴のある車を高く売るにはどうすればいいのでしょうか?いくら安く買えたとしても、売却した際に査定額0円だと、なんだか損した気分になりますよね。

高く売るために大切なのは、海外に販路のある中古車買い取り店に売却することです。先述の通り、海外では修復歴の有無によって車の価値は左右されません。現に日本では値段の付かない修復歴車でも、海外では高値で取引されるのはよくあることです。

でも、国内には中古車買取店が無数にあるので、わざわざ海外に販路のある業者を探すのは面倒ですよね。そこでおすすめなのが、車一括査定サイトです。車一括査定サイトにあなたの売りたい車情報を登録するだけで、高く買い取ってくれる業者がすぐに見つかります。

しかも、1社だけでなく複数の業者に査定依頼できるので、より高く売ることができるのです。これなら、自分で1から海外に販路のある業者を探す必要はありません。ぜひ一括査定を利用して、高額査定を勝ち取ってくださいね。

 

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

修復歴のある車は本当に危険?上手に購入する方法や失敗せずに売買する方法は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yasu

yasu

音楽を愛する(?)現役整備士yasuです。愛車はホンダバモス。ドラムを積むため使い勝手の良い軽バンが好みであります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新型ワゴンRfx(HYBRID)試乗!軽初搭載のヘッドアップディスプレイが優秀すぎる

  • 軽トラが高く買取される理由!高額査定を確実に狙うイチバン簡単な方法はコレ!?

  • 【車検に通すためのマフラーの選び方】サイレンサーを付けるだけじゃダメ!?

  • 長持ちする車が欲しい!耐久性の高いメーカーとクルマの選び方

関連記事

  • さりげなくかっこいい軽自動車まとめ2019!顔や目つきが超タイプ12選

  • 10万キロ走った普通車・軽自動車に必要な3つのメンテナンスとは?

  • rx8のテールランプ水没!コーキング未使用自作パッキンで直せるの?

  • 幅1800mm以下限定!車幅の狭い国産SUV車を購入するならこの5モデル厳選

  • 車好きから家族連れまで楽しめる伊香保おもちゃと人形自動車博物館に行ってみた!

  • 【外車以上】オシャレも走りも楽しみたい!国産スポーツオープンカー5車厳選