1. TOP
  2. 車の役立つ知識
  3. コペンの維持費は月2万円~大学生も維持可能!初めてのスポーツカーにも最適

コペンの維持費は月2万円~大学生も維持可能!初めてのスポーツカーにも最適

 2018/12/17 車の役立つ知識 車の維持費
  1,266 Views
ダイハツコペンの維持費

ダイハツといえば軽自動車。そして軽自動車で気軽に乗れる2シーターのオープンスポーツカーが、コペンです。コペンの特徴は、外板パーツの着せ替えができること。これはダイハツが開発した「D-Frame」という新しい骨格構造のおかげで、骨格の上に乗せる外板を自由に着せ替えできるというものです。可愛い車が大好きな女性から人気が高く、国産のオープンカーといえども軽自動車はかなり維持費が安く済むため、セカンドカーとしても高く評価されています。

Sponsored Links

コペンの自動車税・重量税・自賠責保険

コペンの年間維持費合計は約2万8000円

コペンの年間維持費の合計は、2万7300円~2万8100円です。金額に差があるのは、エコカー対象となり減税されることもあるためで、800円の差額が出ることになります。

この合計には、年間に必ず払うことになる自動車税にくわえて、2年ごとの車検時に支払う重量税と自賠責保険の費用が含まれています。重量税や自動車税については、軽自動車には普通乗用車よりもかなりお安い税金が設定されているため、年間の維持費としては非常に低く抑えられます。

車検代や任意保険料、燃料費を含めた年間維持費は約28~30万円。

軽自動車であるためパワーの面では普通乗用車にはかなわないという意見もありますが、最近の軽自動車は性能も走行性もあがり安全基準もしっかりしているため、街乗りなら十分な機動性があるようです。

コペンの自動車税

コペンの自動車税は、1万800円です。

自動車税の金額は車の排気量によって変わってきますが、軽自動車は一律で1万800円と決まっているので安心です。コペンは排気量が660cc の軽自動車のため、自動車税はとても安く抑えられています。逆に、排気量が4.5リットル超~6.0リットル以下という大型車の場合は、1年間の自動車税は8万8000円もしますから、それと比べると軽自動車のコスパの良さがとても大きなメリットです。

コペンの自動車重量税

自動車重量税も、軽自動車は税額が一律で3300円です。

自動車重量税は、自家用乗用車の場合なら『車両重量 0.5tきざみ』で税率が変更になり、重量ごとに税金が引き上げられていきますが、軽自動車は別枠です。軽自動車としては大きなサイズや重量の大きい車であっても、「軽自動車」の枠内であれば、重量税は一律3300円です。

さらに燃費基準をクリアしているエコカーの場合は、軽自動車の安い重量税よりももっと安くなり、2,500円になります。こちらも、普通乗用車の大型車と比較すると非常にコスパが良いと言えます。

コペンの自賠責保険

車の保険については、まず、強制的に必ず加入する自賠責保険が約1万4000円です。

新車購入時に3年分にあたる39,120円を払い、そのあとは2年ごとの車検時に2年分として27,840円を払います。最初の3年間は、1年あたりで1000円ほど安くなっていますが、4年目以降は約1万4000円。

これにくわえて、任意で入る保険があります。コペンの場合、任意保険は車両保険付きでだいたい4万5000円が平均額です。正確な保険金額は補償内容や保険契約者の年齢、等級、保険会社の種類などによって大きく変わりますが、任意保険として4万5000円くらいを見ておけば安心でしょう。

コペンの車検代

さて、先ほどの合計に、車検整備代の目安をつけくわえてみましょう。軽自動車は車検整備のコストも低く抑えられるのが大きな魅力です。基本的な費用に追加整備をしてもらっても、約4万円が平均的な価格です。

オープンスポーツカーのコペンだと多少は整備のための部品代や工賃が必要になるかもしれませんが、それも普通乗用車と比較すればかなりお値打ち。

パワーや足回り、走行性から普通乗用車を選ぶ人も多いのですが、ちょっとした街中の移動や日常生活の面においては軽自動車も引けを取りません。その上、最近の軽自動車の開発はどんどん進んでいますので、セカンドカーとしておすすめです。

コペンは大学生も維持できる

上記のようにコペンはスポーツカーではありますが、それでも基本的には軽自動車ですから、普通乗用車にくらべれば維持費も、万が一故障したときでも部品代修理代も安くおさえることができるので、例え学生さんであっても維持のしやすい車です。

年間維持費は先にお伝えしたように約30万円。月なら約2万円~2.5万円の維持費になります。

維持費は決して安いわけではありませんが、維持は不可能ではなく他スポーツカーに比べれば間違いなく乗り出しやすいモデルになるので、ぜひこちらの記事を熟読して頂いてコペンオーナーへのきっかけにして頂けたら嬉しいです。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

ダイハツコペンの維持費

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yasu

yasu

音楽を愛する(?)現役整備士yasuです。愛車はホンダバモス。ドラムを積むため使い勝手の良い軽バンが好みであります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新型ワゴンRfx(HYBRID)試乗!軽初搭載のヘッドアップディスプレイが優秀すぎる

  • 軽トラが高く買取される理由!高額査定を確実に狙うイチバン簡単な方法はコレ!?

  • 【車検に通すためのマフラーの選び方】サイレンサーを付けるだけじゃダメ!?

  • 長持ちする車が欲しい!耐久性の高いメーカーとクルマの選び方

関連記事

  • ミライースの維持費は安い!高燃費車でメイン使いもセカンドカーでも優秀

  • ゴルフバッグが積めるセダンのおすすめ車種全6選

  • 車の年間維持費を安くしたい!具体的な節約できる3つの方法は?

  • ジムニーの中古車購入で失敗したくないなら必読!即ブームに乗るための注意点は?

  • スライドドア付きの不人気車6選!軽自動車とミニバンどの車種がおすすめ?

  • 多機能で個性光るDefiメーターシリーズとは?追加メーターの大定番ならコレ