1. TOP
  2. カスタム・DIY
  3. 【クラッチが滑る】ジムニーJA12Wのクラッチ交換!交換の手順はこちらから

【クラッチが滑る】ジムニーJA12Wのクラッチ交換!交換の手順はこちらから

先日ジムニーJA12を買ってみました。↓

購入前からクラッチが故障していたのでまずは修理するところからはじめます。

「クラッチの故障」はいわゆる「クラッチが滑っている」状態なので、クラッチのオーバーホールが必要です。

この記事では、使用したクラッチのコト、クラッチ交換の手順について紹介しています。参考にして頂けると嬉しいです^^

Sponsored Links

クラッチが滑るとは

 

クラッチが滑る

「クラッチが滑る」という症状とは、クラッチ操作の際に「ギアが入りにくい」「エンジンの回転数が異常に上がる」といったことが起こるコトです。

 

原因は、クラッチディスクが摩耗している(擦り減っている)こと、クラッチカバーやスプリングが劣化してしまっていることが考えられます。

クラッチが滑っている場合、シフトアップの際、「速度が上がらないのにエンジンが吹け上がる」症状が出てしまいます。

最後はアクセルを踏んでも回転数が上がるだけで、アクセルを踏んでも走ることができなくなってしまうんです。なので、少しでも症状が出てきたら、走れなくなってしまう前に交換しておくと安心ですね。

クラッチ3点セットは純正同等品を購入

今回はクラッチ3点セットを購入しました。

クラッチ3点セットの購入なら、下記2点で検討される方が多いのかなと思いますので、2つ載せています。

AISIN(アイシン)製は純正採用品です。
https://a.r10.to/hb1fx5

EXEDY(エクセディ) クラッチ 3点セットは純正同等品です。
https://a.r10.to/hbljFi

 

EXEDYは「純正同等品」として、みんカラでも評判は悪くなかったので、今回はこちらを使いたいと思います。

AISIN製のモノとは、2500円程度違ってきます。

何かあってからでは心配という方…絶対後悔したくないと思う方は、AISIN製を選択しておくと良いのかなと思います。

僕の場合は、試してみたかったので、安価なEXEDY製を選択しました。

 

JA12Wのクラッチを交換しました

作業される際は自己責任でお願いいたします。

JA12Wのクラッチ交換

それではクラッチ交換をしていきます。

【1】シフトレバーを外す

はじめにシフトレバーを外します。フロアカーペット下にボルト4本でボディーと固定されています。トランスミッションをニュートラルにしてボルトを外してレバーを引き抜きます。

【2】プロペラシャフトを外す

次にプロペラシャフトを外します。フロントデフとトランスファーの間のプロペラシャフトのボルトを抜いて行きます。

 

【3】プロペラシャフト(TM-TF間)を外す

もう1本のプロペラシャフトを外します。こちらはミッションとトランスファーの間のプロペラシャフトです。はずす際にオイルがたれてくる可能性がありますので注意してください。

JA12 クラッチ 交換

【4】インタークーラーを外す

続いてボンネット側に移動し、インタークーラーを外してください。

インタークーラー取り外し

外した状態からトランスミッションのボルトを緩めます。この際にバックスイッチのカプラーも一緒に外しておきましょう。

トランスミッションとエンジンを繋いでるボルトは14ミリです。こちらを上から2本外しておきましょう。

【追加】トランスミッションオイルの交換

トランスミッションオイルの交換

さらにトランスミッションオイルを抜きます。(必須項目ではありません)10ミリ角のボルトが使われているので専用工具を使わないと基本的には外せません。

今回は10ミリ角のドレンプラグソケットで一撃緩めでその後に8分の3のラチェットで緩めています。

専用工具を使わないとボルトの穴を舐める可能性がありますので十分に気をつけて作業してください。

【5】セルモーターを外す

続いてボンネット側に再度移動し、セルモーターを外しておきます。

 

【6】クラッチハウジングカバーを外す

薄い三日月みたいな形をしたのはクラッチハウジングカバーを外しておきましょう。こちらは10ミリボルトを2本外します。

【7】トランスミッションのボルト&ナットを外す

続いて下からトランスミッションのボルトとナット外します。14ミリのボルトナットが下に2本あるので外します。

【8】ミッションマウントを外す

ボルトを外したらミッションマウントを外します。

ミッションマウント 取付

【9】クラッチワイヤーを外す

クラッチワイヤー

クラッチワイヤーも外しておきましょう。

【10】トランスミッションガードを外す

トランスミッションガード(バー)を外します。これでトランスミッション外すことができますので下に潜ってトランスミッションをキャッチしてください。

ミッションガード

今回はリフトを使っていないのでトランスミッションを引きずり出しました。

【11】クラッチを外す

エンジンブロックのネジ穴にボルトを固定しそこにボルト等をかませフライホイールをロックさせクラッチカバーと、フライホイールのボルトを緩めます。

これでクラッチが外れます。

ここからは折り返しです。やるコトはここまで外した手順の逆の手順でつけていければ問題は無いはずです。

【12】クラッチを交換

クラッチを取り付けていきますが、クラッチをつける際にはクラッチやライニングツールと言うクラッチの芯を出す道具が必要です。

芯出しをしないとトランスミッションがしっかりとセットできなので必ず芯出ししておきましょう。

使用の際には取り扱い説明書をよく読んで、使い方を確認してください。

最後にバッテリーの端子をつなげて完了。

作業する際は必ずバッテリー端子を外しておきましょう。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

miyoshikun(楽車どっとこむ 編集長)

miyoshikun(楽車どっとこむ 編集長)

とにかく車が好き。ただの車好き。スポーツカー2台+軽ジムニーにして3台持ちで車を楽しむつもりでいるただの車バカ。三度の飯の次に車が好きwご飯のうち1回はマックw 今はより多くの車の知識を増やすべくさらに勉強中。愛車RX-8をメインカーに。セカンドカーにJB23を追加(2019年12月)サードカーにJA12?(2020年1月)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【缶スプレーでDIY塗装】過走行車JB23ジムニーのフロントバンパーを缶スプレー塗装してみた

  • 缶スプレーホイール艶あり塗装やってみた!どの缶スプレーできれいに艶がでるの?

  • JB64ジムニーと新型ハスラーはどんな車?ファミリーで使いやすい車どっち?

  • 【もう失敗しない】JB23ジムニーのワイパーアームを100均缶スプレーで塗装してみた!

関連記事

  • エンジンオイル交換はDIYで!初心者でもできる交換手順と必要なモノ

  • Personal(パーソナル)ステアリング4選!ネオグリンタから入門版まで

  • rx-8 エンジンかからなくなる前に絶対にやっておくべきたった1つのことは?

  • 36ワークスでドライブするなら!カーメイト丸型ドリンクホルダーはワークスの救世主

  • シンプルで高性能だからみんカラで大人気!PIVOTメーターおすすめシリーズ

  • 【缶スプレーでDIY塗装】過走行車JB23ジムニーのフロントバンパーを缶スプレー塗装してみた