1. TOP
  2. 試乗
  3. 新型ワゴンRfx(HYBRID)試乗!軽初搭載のヘッドアップディスプレイが優秀すぎる

新型ワゴンRfx(HYBRID)試乗!軽初搭載のヘッドアップディスプレイが優秀すぎる

 2019/10/04 試乗
  133 Views
新型ワゴンR試乗

今回はワゴンR HYBRID FXについて取り上げます。ワゴンRは、かつて軽自動車が瀕死の状況にさっそうと登場し、軽自動車界が息を吹き返すきっかけを作った車です。

2017年のモデルチェンジによって登場したワゴンR HYBRID FXは、ワゴンRのコンセプトである機能性とデザイン性の両立をさらに追及しました。以下、詳しく紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Links

新型ワゴンRの外装について

新型ワゴンR試乗

誰からも愛される外観を目指したワゴンR HYBRID FX(以下、ワゴンRfx)は、シンプルなデザインとなっており、どこか初代ワゴンRの面影があります。それもそのはず、モデルチェンジのコンセプトは「初代の原点回帰」だからです。

スズキのスタンダードモデルワゴンRなら、奇抜なデザインではないため、車に興味がない若者でも抵抗なく乗ることができるでしょう。

また、女性だけでなく男性にも受けが良さそうです。どんな人でも手を出しやすいデザインとなっていますよ。シンプルイズベストの軽自動車と言っても問題ありません。

ワゴンR HYBRID FZ

(写真 ワゴンR HYBRID FZ)

 

新型ワゴンRの内装について

ワゴンRfxは、新プラットフォームの採用によって、従来のモデルよりも居住空間が拡大しました。そのため、室内は軽自動車らしからず広々としています。そしてトールワゴンタイプの特性を活かし、身長の高い人でもゆったりと過ごすことが可能になっています。

また、シートが丁度良い位置に設置されているため、乗る時に立った状態からお尻をスッとずらすだけでシートに座ることができます。高すぎず低すぎず、丁度よい位置にシートがあるのは評価できますね。これは、スズキの長年の技術の蓄積がなせる業と言えるでしょう。

後部座席の乗降口には、段差がありません。

そのため、お年寄りや子供でも足元を気にせず、楽に乗り降りができます。

乗り降りが楽々です

ラゲッジスペースの開口部は非常に広く、背の高い荷物を楽々載せることができます。

また、後部座席だけでなく助手席も倒せるので、ラゲッジスペースに立てることができない長い荷物も倒して載せることが可能です。後部座席は11cmスライド可能なので、荷物の量によって座席位置を調節できるのは嬉しいポイントですね。

視界に関してですが、ピラーのサイズがコンパクトになっており、しかも左右ドア部には三角窓が設けられています。さらにサイドウインドウの位置も低めに設定されているため、どの方角の見晴らしも良く、安心して運転することができますよ。

内装の質感は特別良いとは言えませんが、110万円台の車にしては合格点だと思いますので、コスパは良いですよね。

 

新型ワゴンR試乗した感想

ワゴンRfxに試乗してみました。一番印象深いのが、乗り心地の良さです。しなやかな足回りとなっており、荒れた路面でも上下に揺れることがありません。

カーブを曲がるときも安定感があります。カーブの多い道も走行してみたのですが、安心して運転できました。HYBRID FXにはスタビライザーが装備されていませんが、よほど無理なコーナリングをしない限り、車体が大きく揺れることはありません。

動力性能に関してですが、アクセルをしばらく踏むとモーターだけでなくエンジンも作動してスーッと加速していきます。もたつき感を全く感じないため、ストレスを感じません。

ただし高速道路を走行した時は、明らかなパワー不足を感じます。高速域までなかなか加速しません。

モーターアシスト機能が付いているものの、あまりその恩恵を感じることができませんでした。ターボが無いとかなり厳しい感じ・・・。また、アクセルを踏み込むと、エンジンノイズが気になります。高速走行は厳しいですね。

ブレーキの効き具合はかなり良く、試乗中にフルブレーキを使ったのは1度もありませんでした。ブレーキを多用する街乗りにおいては、かなり安心して運転できると思います。

実燃費は街乗り中心で21.0km/Lくらいでした。

他社の軽自動車に比べると優秀ですが、カタログ燃費が33.4km/Lなのを考えると少し物足りなさを感じてしまいます。

 

安全装備などについて

セーフティパッケージ

ワゴンRfxには、メーカーオプションである「セーフティパッケージ」が用意されており、車両本体価格+約10万円で装着可能です。

セーフティパッケージの内容は以下の通りです。

・ディアルセンサーブレーキサポート
・ふらつき警報機能
・全方位モニター用カメラ
・誤発進抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・ヘッドアップディスプレイ
・車線逸脱警報機能
・ハイビームアシスト

特に注目はデュアルセンサーブレーキサポートで、フロントガラスに設置されたセンサーによって、近接する歩行者や車を感知してくれます。しかも100km/hまで検知してくれるので、安全性がより高まっています。

ヘッドアップディスプレイの価格は8万円

新型ワゴンRで初めて軽自動車に搭載された「ヘッドアップディスプレイ」

軽自動車に初搭載!

ヘッドアップディスプレイ ワゴンR

こちらは全方位モニターカメラ装着が設置条件です。

なので、すべての方に設置して頂けるオプションではないかもしれませんが、とても良く出来ていて運転中の視界移動が激減します。

激減することで、「よそ見」が明らかに少なくなるので、結果安全性が増し、事故をしっかりと抑制してくれるので優秀すぎるんです。

全方位モニターカメラが約8万円で装着できます。高いと見るか、安いと見るかは購入する方の判断だと思いますが、純正品が良いという方は多いですよね。

確かにスマートにセットできるので、不満は出てこないのかなと思います。

また、価格がね…と思っている方は社外品の設置も検討されてみてはいかがでしょうか?口コミをみていると満足されている方は多い印象ですね。

HUD ヘッドアップディスプレイ 後付け OBD2 日本語説明書付き スピードメーター 送料無料 あす楽 [HUD550]

対応車種については、間違いのないよう販売元に確認をしてみてください。

【愛車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場を知らないと損をします

よくある失敗はディーラーで好条件を提示され、具体的な相場を知らずに手放してしまうパターンです。ディーラーでは30万円でも、買取業者では60万円になることも。

■買取専門店にお願いする

買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、ディーラーより高く買い取ってもらえる可能性が高いです。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店の査定額を調べられるので便利です。

■査定はスマホで簡単に

カーセンサー査定
カーセンサーならスマホやタブレットで、調べたいときにすぐに愛車の査定額を調べることができます。

必ず売却しなければいけない査定サービスではないので、気軽に利用できますし(完全無料)査定結果はメール連絡も可能なので忙しい方は検討してみては?◎しつこい営業電話もありません。

\ SNSでシェアしよう! /

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の注目記事を受け取ろう

新型ワゴンR試乗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

楽しい車に乗ってワクワクしよ!【楽車どっとこむ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

yasu

yasu

音楽を愛する(?)現役整備士yasuです。愛車はホンダバモス。ドラムを積むため使い勝手の良い軽バンが好みであります。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新型ワゴンRfx(HYBRID)試乗!軽初搭載のヘッドアップディスプレイが優秀すぎる

  • 軽トラが高く買取される理由!高額査定を確実に狙うイチバン簡単な方法はコレ!?

  • 【車検に通すためのマフラーの選び方】サイレンサーを付けるだけじゃダメ!?

  • 長持ちする車が欲しい!耐久性の高いメーカーとクルマの選び方

関連記事

  • 【カローラレビンae111 試乗】名車カローラレビンの名に恥じない今買いで楽しめる車

  • 【ホンダNBOXとカスタム試乗】売れすぎ小さなミニバン!何が違うのか比較

  • 【ジムニー 試乗】新型JB64mt車は安定感ある走りで歴代ジムニー最強!

  • 【アルト(HA25S)試乗】低燃費だからセカンドカーもメインでも文句なし

  • 【SUBARU BRZ STI試乗】スポーティ×大人っぽさがBRZらしい

  • 【スイスポ 試乗レビュー】zc33s型は歴代最強スポーツカーでコスパ高